【GSOMIA失効直前に韓国外相が訪米へ】米韓関係への影響懸念か=韓国ネット「韓国が気に入らないなら米軍は撤退するべき」[11/15]

2019年11月14日、韓国・聯合ニュースは、「日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効(23日午前0時)を前に康京和(カン・ギョンファ)外相が来週、米国を訪問する計画を進めている」と報じた。

記事によると、同日、韓国の外交消息筋は「康外相の訪米計画が進められている」とし、「米韓の間に議論すべき案件が複数あり、米国の高位当局者らに会う必要があるため」と説明した。

康外相の訪米の理由について、記事は「このほどGSOMIAの失効をめぐり、米政府や米軍の高官らが相次いで韓国へ圧力をかけているため」としている。その上で「康外相はGSOMIA失効を前に米政府にGSOMIA失効は避けられない判断であり、米韓関係とは無関係であることを改めて説明するだろう」とし、「GSOMIA失効後の米韓関係への影響を最小化しようとしている」と分析している。

その一方で、「米国はGSOMIAを北朝鮮や中国をけん制するための日米韓の安保協力の象徴と位置付けている」とし、「米国はGSOMIAの失効を自国の安保利益を損なう決定とみており、米韓関係に与える影響は少なくない」と伝えている。また、GSOMIAの失効により米韓同盟の再構築に加え、防衛費の増額などで韓国側の負担が大きくなる可能性があるという分析もあるという。

これに韓国のネットユーザーからは「GSOMIAの終了で最も損をするのは韓国なのに、なぜこのような行動ができるの?」「政府はいまだに韓国が置かれた状況を分かっていないの?このままだと経済も安保も崩壊する」「GSOMIA失効後の影響を最小化しようとしているってことは結局GSOMIAを破棄するってこと?米国と戦争でもするつもり?」など批判の声が上がっている。

また、「GSOMIAの失効は日韓の協定破棄だけを意味するわけではない。米韓同盟にも否定的な影響を与える」「GSOMIAを破棄すれば、文在寅(ムン・ジェイン)政権は反米政権の烙印(らくいん)を押され、米国はそれ相応の報復措置を取るだろう」「韓国がいくらGSOMIAは米韓同盟と関係ないと主張しても、米国は決してそうは考えないだろう。GSOMIAを延長するべき。安保での孤立は経済崩壊とは比べられないほどの打撃だ」などとGSOMIA失効後の影響を懸念するコメントも寄せられている。

一方で、「GSOMIAを締結する前も韓国の安保に問題はなかったのだから、GSOMIAは失効しても大丈夫」「GSOMIAは当初の決定通りに破棄しよう。韓国が気に入らないなら米軍は韓国から撤退するべき」などのコメントも見られた。
Record China
2019年11月15日(金) 12時20分
https://www.recordchina.co.jp/b759728-s0-c10-d0149.html

【国際】米国防長官「GSOMIAは絶対に維持しろ」

来韓した米国防長官「私のメッセージは明確、GSOMIAは絶対に維持されるべき」

 韓米定例安保協議(SCM)と軍事委員会(MCM)を機に訪韓した米軍高官当局者らは14日、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)や防衛費分担金問題を提起し、いっそう圧力を高めた。

 マーク・ミリー米統合参謀本部議長は同日、MCM終了直後に記者らに、「今日の会議でGSOMIAについて協議したのか」と質問されると、「我々は少し(協議)した(We did a little bit)」と応えた。韓国軍はMCMの公式議題にGSOMIAと防衛費分担金問題は含まれていなかったと言っているが、米統合参謀本部議長がGSOMIAについて協議したと公に述べたものだ。これについて韓国政府関係者は「会議開始前、韓国合同参謀議長と米統合参謀本部議長の面談時間にGSOMIAの話があった。防衛費分担金問題の言及もあったと聞いている」と語った。先に日本を訪問したミリー議長は読売新聞や日本経済新聞とのインタビューで、「(GSOMIAが失効すれば)韓日と韓米、日米にくさびを打ちたがっている中朝の思うつぼになってしまう」と語っていた。

 マーク・エスパー米国防長官はこれに先立ち、訪韓のための専用機の中で、「私のメッセージは明確である。GSOMIAは絶対に維持されなければならないということだ」と述べた。同日夜遅く韓国に到着したエスパー長官は15日のSCMに出席し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会う予定だという。

 ハーバート・マクマスター元国家安全保障問題担当大統領補佐官は「GSOMIA廃棄は非常に否定的だ」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/15/2019111580044.html

【ハンギョレ】毒劇物のような日本の『嫌韓出版物』・・・いつまで放置?[11/15]

(WiLL)
http://flexible.img.hani.co.kr/flexible/normal/500/500/imgdb/original/2019/1114/20191114503715.jpg
▲ 『難クセ国家韓国』を特集にした、右翼月刊誌『WiLL』12月号の表紙。日本の原発汚染水放流を懸念する韓国政府に対し、「文在寅、お主こそ汚染水じゃないか」というタイトルを付けた。
_________________

■ [ 本&考え ] ペク・ウォングンの出版風向計

韓国と韓国人を嫌悪して憎悪する内容を盛り込んだ嫌韓出版物が、日本で極めて旺盛である。韓国と韓国人を罵る本や雑誌が儲かるという理由で延々と生産され続ける『嫌韓ビジネス』を、対岸の火事のように眺めていてはいけない。。

以前は無名の小さな出版社や右翼雑誌がベースだった嫌韓出版物は、今では講談社のような日本を代表する大手出版社が単行本として発行し、堂々とベストセラーになるほど拡散する勢いである。『韓国という病』、『 “韓国大破滅” 入門』、『文在寅という災厄』、『 “妄想大国韓国” を嗤(わら)う』、『大嫌韓時代』、『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』 など、売れている単行本はタイトルだけでも衝撃的だ。韓国と韓国人に対する深刻な侮辱である。

強盗が一層強いのは雑誌だ。右翼月刊誌『WiLL』は11月号で、韓国人は嘘つきや古代の脳を持つなどの記事を掲載した、『韓国が消えても誰も困らない』を特集にした。続けて12月号では『難クセ国家韓国』という特集で、日本の原発汚染水の放流を懸念する韓国政府に対し、「文在寅、お主こそ汚染水じゃないか」というタイトルを選び、国家元首の冒涜表現まで躊躇していない。『WiLL』は総合月刊誌の販売量3位の有力雑誌だ。

東京都市大学のイ・ホンチョン(李洪千)教授チームが作成した『日本の出版メディアにおける嫌韓意識の現状と批判的考察2017』を見れば、1988年から2016年まで日本で発行された嫌韓図書は205冊で、55社の出版社がこのような本を刊行した。嫌韓図書の基準は、『韓国を含めて嘲弄したり民族差別や排他主義を煽る本』だった。現在最大の書店である紀伊国屋書店で『嫌韓』で検索される本は123冊で、大部分が刺激的な韓国誹謗図書が主流である。『さらば、ヘイト本!』のような日本の良心的な本や、嫌韓図書の横に嫌韓を批判する本を一緒に置く現地の書店もごく少数あるが、激しい嫌韓図書の濁流に荒されて存在感は微弱である。

このような嫌韓出版物問題に対する我々の問題解決努力は、ほとんど見当たらない。5年前の2014年11月、国会外交統一委員会所属のチェ・ジェチョン議員と在日民団(在日本大韓民国民団)の主催で、国会図書館のロビーで嫌韓出版物展示会が行われたが、それでも数える程度の問題提起の場だった。

表現の自由、出版の自由は当然尊重しなければならない。しかし隣国に対する悪意的な誹謗と憎悪の自由まで許されるものではない。表現の自由を幅広く認めながらも、嫌悪表現(hate speech)を強力に厳罰するドイツなどの先進国とは異なり、日本は処罰規制が機能していない。すでに我が国の外交部や文化体育観光院など政府レベルで対応計画を用意して、出版関連の民間団体も解法模索に乗り出さなければならない。韓国で発行される外国翻訳書の40%以上が日本の本である。嫌韓出版物問題を改善する問題に対し、日本の出版界が乗り出さなければならない。日本の社会で嫌韓感情を広める毒劇物のような嫌韓出版物の撲滅に知恵を絞る時だ。

本と社会研究所代表

ソース:ハンギョレ(韓国語)
http://www.hani.co.kr/arti/culture/book/917139.html

【GSOMIA】「日本が先にけんかを売ってきたのに、米国はなぜ韓国にばかり圧力をかけるの?」 韓国ネットで不満の声★5[11/14]

2019年11月13日、韓国・京郷新聞によると、米韓連合司令官が「日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が終了すれば誤解を与えかねない」と懸念を示した。

記事によると、ロバート・エイブラムス米韓連合司令官兼駐韓米軍司令官は12日、京畿道平沢市の米軍基地で行われた記者会見で「GSOMIAは原則として日韓両国が歴史的な隔たりを差し置いて地域の安全と安保に集中しているというメッセージを持つ」と述べた。その上で「安定的で安全な東北アジアをつくる上で、われわれが共にすればもっと強くなれる」とし、「GSOMIAがなければそれだけ弱いという誤ったイメージを与える恐れがある」と強調したという。誰に誤ったイメージを与えるのか具体的には明かさなかったというが、記事は「北朝鮮、中国、ロシア」とみている。

マーク・ミリー統合参謀本部議長も11日、「日米韓が肩を並べることでさらに強くなる」とし、「韓国を日米から引き離すことで得をするのは中国と北朝鮮」と述べていた。記事は「米軍の高官らがGSOMIAの延長を検討するよう相次いで韓国政府に圧力をかけている」と分析している。

これに韓国のネットユーザーからは「米国は日本を説得するべき」「なぜ米国が韓国の外交と安保に口を出すの?」「米韓同盟は必要だと思うけど内政干渉はしないで」「まずは安倍晋三首相になぜ輸出規制をしたのか問い詰めるべきでは?」「米国は日本に謝罪と輸出規制の撤回を求めるべき。韓国のことを信じられない国と軍事情報の交換なんてもっての外」「GSOMIAの破棄決定は日本の輸出規制によるもの。日本が先にけんかを売ってきたのに、米国はなぜ韓国にばかり圧力をかけるの?」など反発の声が相次いでいる。

一方で「必要な部分では結束が必要だ。米国は日本に原子爆弾を投下したけど、日米は同盟を結びいい関係を築いている。韓国はいつまで過去に縛られているのだろう。北朝鮮や中国のことを考えると今は米国や日本とのつながりが必要だ」「韓国は米国や日本ほどの強国だろうか?そうであれば自主国防が可能だろうけど、今は輸出や安保など全ての面で米国や日本に頼っているのだから、プライドは捨ててGSOMIAを延長するべきだ。北朝鮮や中国、ロシアは韓国を狙っている」などとGSOMIAの必要性を訴えるコメントも見られた。(翻訳・編集/長居)

——————————————————————————-
ソース レコードチャイナ
https://www.recordchina.co.jp/b735803-s0-c10-d0149.html
前スレ ★1の時刻  2019/11/14(木) 20:35:50.28
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1573748371/

【中国】対米で結束呼びかけ 習氏、BRICS首脳会合前に「単独主義や他国に干渉する動きに反対していこう」と呼びかけ[11/14]

【北京=羽田野主】中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は13日、ブラジルの首都ブラジリアで講演し「経済のグローバル化が逆風にさらされている」と発言した。「保護主義や覇権主義の動きが出ており、世界経済に下押し圧力がかかっている」とも話した。「米国第一主義」を掲げるトランプ米政権を念頭に批判した形だ。

中国国営の新華社が伝えた。習氏は13日に開幕するブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの新興5カ国(BRICS)首脳会議に先立ち、関連のフォーラムで発言した。

習氏は「中国経済は長期にわたって良い傾向にある状況は変わらない」と主張。「中国はこれからさらに市場を開放し、輸入を増やす」とも強調した。経済分野での連携を旗げ、対米国で関係国に結束を呼びかける狙いがある。

習氏は現地でインドのモディ首相と会談した。習氏は「インドが品質の優れた商品の輸出を積極的に増やすのを歓迎する」と表明。お互いに貿易や投資の規模を拡大させるように呼びかけた。インドの医薬品企業とIT企業の中国への投資を促していく考えも示した。

習氏は10月にインドを訪問してモディ氏と会談したばかり。中国はインドとカシミール地方の領有権を巡る問題を棚上げして、経済面で結びつきを深める戦略を描いている。米国との対立長期化を見越してインドを引き寄せておきたい考えだ。

習氏は13日にロシアのプーチン大統領とも会談した。習氏は「単独主義や他国に干渉する動きに反対していこう」と呼びかけた。プーチン氏は「ロシアと中国の関係は盤石だ。いかなる外部勢力の影響も受けない」と応じたという。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52152070U9A111C1EAF000/
日本経済新聞 2019/11/14 13:13

【朝鮮日報】 韓国の航空各社、大韓航空除く7社全て赤字  日本旅行ボイコット運動が業績悪化の主因 [11/15]

今年7-9月期は韓国航空8社のうち、大韓航空を除く7社全てが赤字に転落した。韓日の経済分野での対立をきっかけとする日本旅行ボイコット運動が業績悪化の主因となった。

大韓航空の7-9月期の業績は、売上高が前年同期比3.7%減の3兆2830億ウォン(約3000億円)、営業利益が約70%減の1179億ウォンだった。

同社は「韓日対立、香港情勢の不安、ウォン安、最低賃金引き上げの影響などが重なり、営業利益が急減した」と説明した。

アシアナ航空は7-9月期に営業損益が570億ウォンの赤字を記録した。4-6月期に続く赤字だ。前年同期は971億ウォンの黒字だった。売上高も6.8%減の1兆8351億ウォンにとどまった。

格安航空会社(LCC)のチェジュ航空も営業損益が174億ウォンの赤字に転落した。前年同期は378億ウォンの黒字だった。ジンエアー、エアプサンもそれぞれ営業損益が131億ウォン、195億ウォンの赤字だった。

8日にはティーウェイ航空も営業損益が102億ウォンの赤字だったと発表しているほか、非上場で業績を公表していないイースター航空、エアソウルも赤字に転落したとされる。

2019/11/15 08:23
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/15/2019111580007.html

【米国】LA近郊の高校で銃撃、2人死亡・・・容疑者は16歳のアジア系男子生徒[11/15]

(動画=YouTube)

https://youtu.be/AZK9zyTvj3o
_________________

<アンカー>
米国のロサンゼルス北西で、韓人(コリアン)も多数居住しているサンタクラリタの某高等学校で、また銃撃事件が起きました。

銃撃によって生徒2人が病院で亡くなり、1人は重体とのことです。警察は16歳のアジア系男子生徒を容疑者として逮捕しました。

ロサンゼルスからチェ・ドンヒョク特派員の報道です。

<レポート>
武装した警察が高等学校の周辺を封鎖して、捜索を行っています。

現地時間14日午前7時頃。生徒たちが最も登校する時間、校内で突然銃声が鳴り響きました。

<生徒>
「マジで怖かったわ。最初の銃声が聞こえた時、それほど深刻な事じゃないと思っていたの。そしたらさらに2発の銃声が聞こえたわ」

銃声が鳴った途端、学校は逃げ惑う生徒で修羅場になりました。

<生徒>
「2発の銃声が聞こえた時は、何が起きているのか分からなかったけど、3発目の銃声が聞こえてから私と友だちは走り出し、そしたら4発目の銃声が鳴り響いたの」

病院に運ばれた負傷者は少なくとも6人。このうち2人の生徒が亡くなり、1人は重体です。

<保護者>
「娘のサラが、“ママ、すごく怖いの。愛してるから” と言いながら、“お願い、ここに来て” と言ったの。胸が押しつぶされそうになったわ」

サンタクラリタはロサンゼルス北西の新興都市で、韓人の居住者にも人気の住宅団地です。

銃撃発生から2時間半ほど後、近隣地域を封鎖して追跡に乗り出した警察は、16歳のアジア系男子生徒を容疑者として逮捕したと明らかにしました。

半自動式拳銃を他の生徒に撃った後、自らを拳銃で射った容疑者は逮捕された後病院に運ばれたが、深刻な状態だと警察は話しました。

ロサンゼルスからKBSニュース、チェ・ドンヒョクでした。

ソース:KBS(韓国語)
http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=4324338

【社会】「受信料払わない」NHKの『紅白』に韓国TWICEが今年も出場に大ブーイング、日韓関係最悪で批判と疑問の声[11/15]

『紅白』韓国TWICE今年も出場に大ブーイング……「GSOMIA」「徴用工」日韓関係最悪で

 14日、大みそか『NHK紅白歌合戦』の出場歌手が決定した。

 初出場は、白組はKis-My-Ft2、GENERATIONS from EXILE TRIBE、Official髭男dism、菅田将暉、King Gnuの5組、紅組は日向坂46、Foorin、LiSAの3組となる。

 今年はスピッツの初出場情報や、米津玄師の動向などにも注目が集まったが、現状名前はない。今後の動向に注目が集まる。

 が、やはり「あのグループ」には厳しい視線が注がれている。

「韓国アイドルグループのTWICEですね。

 現在日本と韓国は徴用工問題やGSOMIA破棄など、とりわけ国際関係が悪い状況にあります。そんな中でのTWICE出場に『なんで韓国グループを出すのか』『韓国になめられてる』『出さないでほしい』と、昨年の初出場同様に批判の声が出ています。

 また『NHKから国民を守る党』の台頭などもあり、改めてNHK受信料にも不満が出ている現在ですので『受信料まで払って韓国ガールズグループを見るのか』『やっぱり受信料払わない』とNHKへの不満も出ています。毎年のことながら目玉のない紅白ですが、今年も微妙な雰囲気ですね」(記者)

 TWICEといえば昨年「慰安婦Tシャツ」を着ている、という騒動もあり大炎上した。一部週刊誌では「TWICEのジヒョは紅白リハーサル中不機嫌丸出し」という情報も出ている。

日韓関係を考えると、やはり今回の出場は疑問?
https://biz-journal.jp/gj/2019/11/post_127972.html

【米韓】米軍制服組トップ「韓国にガツンと言ってくる」 茂木外相との会談で★2[11/14]

茂木敏充外相は14日の自民党竹下派(平成研究会)の会合で、米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長と12日に会談した際、韓国が破棄を通告し、23日に失効する日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に極めて強い懸念を示したことを明らかにした。

 茂木氏は会合で「ミリー氏は物事をはっきりと言う人だ。『相当、ガツンと言ってくる』と話していた」と述べた。

11/14(木) 17:00配信産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00000554-san-pol
2019/11/14(木) 17:10:38.40
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1573719038/

【社会】日本の市民が参院会館でフォーラムを開催「韓国市民と連帯し、嫌韓意識を煽り立てる安倍政権を正すことが重要です」[11/13]

●院内公開記者会見  日韓市民交流を進める「希望連帯」 年次活動報告と「北東アジアの平和共存のための日韓フォーラム」
投稿者 : 瀬戸大作

11月25日 院内公開記者会見
 日韓市民交流を進める「希望連帯」
年次活動報告と「北東アジアの平和共存のための日韓フォーラム」開催告知

日韓市民交流を進める「希望連帯」
代表 白石孝

 私たち日韓市民交流を進める「希望連帯」は、定期的にソウル市を中心として韓国を訪問し、市民民主主義の実践を学び、交流してきました。日本と韓国では共通の社会課題がたくさんあります。韓国では格差と貧困の解消を目指し、生活に密接な住居、医療、教育、福祉(保育、介護、生活保護など)については所得制限を設けない「普遍主義」、さらには大財閥中心経済から人びとの命と暮らしを守る社会的連帯経済への転換や、人権尊重を基本とした政策を掲げて実践をすすめています。学校給食の完全無償化も実現し、ソウル市では有機農業と連携したオーガニック給食も積極的に導入中です。

 安倍政権は、日本国内にある嫌韓意識を煽り立て、韓国の保守反動勢力と連動して文在寅政権を攻撃しています。日本の市民社会が安倍政権の言動を正し、日韓連帯運動を盛り上げることが重要です。

 まさに日本の市民運動の真価が問われているのです。

 8月21日にはソウル市庁舎市長室で、パク・ウォンスンソウル市長と私たち「日韓市民交流を進める希望連帯」訪韓メンバー13人がコメントの交換を行い、最悪という日韓の政府関係を修復して友好関係を構築するには、日韓の市民の交流と連帯しかない、「ローカル to ローカル、ピープル to ピープルでいこう」と確認しあいました。

 私たち日韓市民交流を進める希望連帯は、今の日韓関係にあって、市民同士の交流の意義をふまえ、12月に開催される、「北東アジアの平和共存のための日韓フォーラム」に全面的に賛同し、100名を超える規模で訪韓、参加する準備を進めています。(希望連帯からは55人参加)この春川市ハリム大学校でのフォーラムには、両国で政治、社会運動に関わる多くの優れた方々が討論に参加する予定です。

 この度の院内集会では、その概要をお知らせすると同時に、この間の取り組みやソウル市長とのコメント交換、ソウル市とソウル市民が担っている貧困解消や給食無償化、オーガニック農産物使用などに関する調査報告も予定しています。さらに、12月下旬完成の『キャンドル革命』写真記録集の出版案内もいたします。

◆開催日時:2019年11月25日(月)17:00~19:00(16:30開場)
◆会場: 参議院議員会館109会議室(70名規模)
◆プログラム   
?「北東アジアの平和共存のための日韓フォーラム」開催企画概要説明
?日韓市民交流を進める「希望連帯」2019年度活動報告 
 (1)4月日韓居住貧困シンポジウム   (2)8月調査「ソウル市広津区の貧困解消と居住福祉ネットワーク」
 (3)10月調査「オーガニック農産物を使用した学校給食無償化と公共給食の取り組み」
(4)2月下旬完成の『キャンドル革命』写真記録集の出版案内

レイバーネット
http://www.labornetjp.org/news/2019/1573632532490staff01
日韓市民交流を進める「希望連帯」 : 11.25に院内公開記者会見