【カンヌ国際映画祭】 最高賞パルムドールは韓国のポン・ジュノ監督『PARASITE』!日本公開も決定[05/26]

LINE@友だち追加でお得な情報をゲット!!
LINE@のアカウントができましたo(≧▽≦)o
↓友だち追加してね↓
友だち追加

https://www.cinemacafe.net/imgs/thumb_h1/431503.jpg

第72回カンヌ国際映画祭にてポン・ジュノ監督最新作『PARASITE』(英題)が最高賞パルムドールを受賞。審査員満場一致の決定で、韓国映画としては初受賞という歴史的快挙を達成し、日本での公開も決定した。

物語は、全員失業中の一家の長男が、家族の期待を一身に背負い、IT企業を経営する裕福な一家のもとへ家庭教師の面接を受けるところから始まる。この相反する2つの家族の出会いは、誰も観たことのない想像を超える悲喜劇へと加速していく――。

『殺人の追憶』『母なる証明』などの傑作を手掛けてきた、世界が称賛する若き巨匠ポン・ジュノ監督の最新作となる本作。主演を務めるのは、『スノーピアサー』『グエムル -漢江の怪物-』『殺人の追憶』に続く4度目のタッグとなる名優ソン・ガンホ。共演には『最後まで行く』『ソニはご機嫌ななめ』のイ・ソンギュン、『後宮の秘密』のチョ・ヨジョン、Netfilx映画『オクジャ/okja』『新感染 ファイナル・エクスプレス』のチェ・ウシクら各世代の実力派の面々が脇を固める。

これまで鋭い視点で社会を切り取り、ときに独自のユーモアを交えながら、人間の内面を炙り出してきたポン・ジュノ監督は、『母なる証明』以降、『スノーピアサー』『オクジャ/okja』と国際的作品を手掛けてきたが、ジャンルにとわられない唯一無二の作風にさらに磨きをかけ、満を持して10年ぶりとなる韓国映画を完成させた。

5月21日(現地時間)に行われた公式上映は、上映中に何度も拍手や歓声が起こるなど異例ともいえる熱狂的な盛り上がりに。また、会場には『オクジャ/okja』などに出演するティルダ・スウィントンが、娘で女優のオーナー・スウィントン・バーンを連れて来場。上映後には、約10分間にも及ぶスタンディングオーベーションと鳴りやまない拍手が巻き起こり、ポン・ジュノ監督はじめキャスト陣も喜びを噛み締めていた。

その後、「Screen International」誌が掲載する各メディアの批評家による採点「星取表」では、4点満点中3.5点という高得点を叩きだし、Q・タランティーノ、P・アルモドバル、J・ジャームッシュら名匠たちの並みいる話題作を抑え最後まで首位をキープ。

各メディアも、「今年の映画祭で最高の1本。劇場で素晴らしい映画を観た時に感じる気分」(英・BBC)、「一度見たら忘れられない社会風刺。今年のカンヌのベスト映画。監督の才能は恐ろしいほどに素晴らしい」(米・ASSOCIATED PRESS)、「ポン・ジュノ監督の最高傑作だ。怒りに満ち、最高に面白く、痛々しく、苦く甘い資本主義における共存について描いている。彼がこれまで描いてきたすべての要素が集約されている」(米・INDIEWIRE)と絶賛を贈っていた。

審査員長A・G・イニャリトゥ監督ら満場一致!「ローカルな映画でありながら、非常に国際的」

本映画祭コンペ部門の審査員長を務めたアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥは記者会見で、「私たちは予想のつかない展開を体験しました」と満場一致で最高賞に決定したポン・ジュノ監督の手腕を高く評価。「ユーモラスで優しく、何かを決めつけることなく現実の問題に直結していました。ローカルな映画でありながら、非常に国際的であり、“映画とは何か”という本質の理解によって、素晴らしく効果的に生み出されていました。私たちは観た瞬間からこの映画に魅了され、観た後も自分たちの中でどんどんと育っていきました」と、満場一致の理由を明かした。
(後略:喜びのポン・ジュノ監督「この作品はとても特別な冒険でした」)

ソース:<カンヌ最高賞は韓国ポン・ジュノ監督『PARASITE』!日本公開も決定>
https://www.cinemacafe.net/article/2019/05/26/61739.html

関連スレ:【第72回カンヌ国際映画祭】 最高賞パルムドールはポン・ジュノ監督『パラサイト』!韓国映画初の快挙 2019/05/26
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1558830858/

2ch.sc@東アジアnews+ | ログ速

【カンヌ国際映画祭】 最高賞パルムドールは韓国のポン・ジュノ監督『PARASITE』!日本公開も決定[05/26]  に関するツイート

junkTokyo junkTokyo

5月24日

ケシシュのコンペ作に酷評の嵐。「の災厄」「長年で駄作を沢山見て来たが、ここまで芸術的に崩壊し退屈な映画はなかった」…。今回のコンペ最長の3時間32分、その大半が女の子のお尻が写っているとか。レア・セドゥのセクハラ告発で開き直ったのか…

映画秘宝 映画秘宝

10 時間

返信先: @eigahiho
第72回映画祭結果②: 男優賞:アントニオ・バンデラス『Pain & Glory』 女優賞:エミリー・ビーチャム『Little Joe』 カメラ・ドール:セサル・ディアス『Our Mothers』

diz diz

3 時間

本日のエルファニング。 美しいドレスに身を包んでの天使降臨です。

🇾🇺🇮 🇾🇺🇮

1 時間

の街を歩く窪田氏

diz diz

5月22日

連日、天使のように笑顔を振りまいて楽しませてくれるエルファニングだけど ドレスがキツすぎて失神してしまった(貧血?)時、すぐに助けに行った人物はコリン・ファースだったと。 ドレスのせいだけじゃなくかなり精神的なプレッシャー も凄そう… は25日までなのであと少し…

Fan's Voice Fan's Voice

9 時間

監督『 (英題)』のパルムドール受賞は「満場一致の判断」🏆の審査員長アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥが受賞理由を明かす!

映画秘宝 映画秘宝

5月24日

『コブラ』配信ドラマシリーズが企画中だと、シルヴェスター・スタローンが明かす!「(銃を持ったブルース・スプリングスティーンという)キャラクターがとてもクールだったので、シリーズものになるべきだった」と、作品への思い入れを映画祭で語った

junkTokyo junkTokyo

5月24日

タランティーノ新作にで最初の賞。なんとPalm Dog。ブラピのペットを演じたピットブルのBrandyが選ばれる。授賞式に代理出席したタラ坊は「パルムドールは無理でも、パルムドッグはイケると思っていた」。賞品の首輪は受賞犬に渡さず、自宅に飾るつもりとか

Fan's Voice Fan's Voice

12 時間

第72回映画祭最高賞の〈パルムドール〉は 監督の『』(英題)が受賞🎊ジャンル映画に栄冠!社会の底辺に生きる一家が、富裕層の豪邸に“侵食”シていく様子を描いたブラックコメデイ。

鶴原顕央 鶴原顕央

5月19日

蔡公明「で上映している映画の9割は中国に不向き。中国の観客にはアートすぎる、あるいは感情表現を理解できない。いまの中国はリアリズム、リアリスティックな題材に関心」。主観客層は18〜24歳、欧州は40歳以上。「共同制作となったときに観たい映画が異なる」

junkTokyo junkTokyo

11 時間

返信先: @junktokyo
ポン・ジュノ「寄生虫」のパルムドールは審査員全員一致で決定、とイニャリトゥ委員長。「様々なジャンルが交錯する予想もつかない形のミステリーを楽しんだ。超ローカルなのにとてもグローバルな作品。見たとたんに魅了され、しかも日を追うごとにその思いが増していった」

映画秘宝 映画秘宝

10 時間

第72回映画祭結果①: パルム・ドール:ポン・ジュノ『Parasite』 グランプリ:マティ・ディオップ『Atlantic』 審査員賞:『Les Misérables』『Bacurau』 監督賞:ダルデンヌ兄弟『Young Ahmed』 脚本賞:セリーヌ・シアマ『Portrait of a Lady on Fire』

みなみ みなみ

12 時間

本人も言ってたけど、ソン・ガンホがに行くと何かしら受賞するジンクスがあるらしくて、今回はパルムドールを受賞ということで、もう天才かよ。

Fan's Voice Fan's Voice

13 時間

第72回映画祭〈グランプリ〉は 監督の『Atlantics』(英題)が受賞🎊セネガルからスペインへ密入国を企てる青年と故郷に残る恋人のラブストーリー。

映画情報 オスカーノユクエ 映画情報 オスカーノユクエ

5月22日

クエンティン・タランティーノ監督最新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」が映画祭で絶賛を浴びる。“めっっっちゃ好き”、“QTはこの映画を撮るために生まれた”、“ラストにブッ飛んだ”、“パルムドールを受賞するか、最高に観客ウケするか、もしくはその両方”。7月26日全米公開。

SYO(映画.comライター) SYO(映画.comライター)

4 時間

ここ数年の映画祭パルムドールを見ると、「貧困」が大きなテーマになっていることがわかります。 2016「わたしは、ダニエル・ブレイク」 2017「ザ・スクエア 思いやりの聖域」 2018「万引き家族 」 2019「パラサイト」

シネマトゥデイ シネマトゥデイ

5月25日

3時間半ほぼ尻のクローズアップの映画、で途中退席者が続出…監督「気にしない」【第72回カンヌ国際映画祭】

シネマコリア シネマコリア

2 時間

【記事紹介】 「韓国のポン・ジュノ監督が最高賞 カンヌ国際映画祭閉幕」(日本経済新聞) ポン・ジュノ監督『寄生虫/パラサイト』、で最高賞「パルムドール」受賞。韓国人監督初の快挙。

話題のニュース 横山祥一 横山祥一

6 時間

カンヌ映画祭 最高賞に韓国作品「パラサイト」 – 毎日新聞

Fan's Voice Fan's Voice

13 時間

第72回映画祭〈審査員賞〉はフランスの新鋭 監督の『Les misérables』(原題)が受賞🎊パリ郊外のモンフェルメイユで、3人の警官が悲劇的な暴動に巻き込まれていく様子を緊迫感のある映像で描く。


おすすめ記事一覧


おすすめ情報

LINE@友だち追加でお得な情報をゲット!!

LINE@のアカウントができましたo(≧▽≦)o
友だち追加でお知らせなど
お得な情報を受け取ることができます。
みんな友だちになってね♪

友だち追加は、下記のURLのからどうぞ!!
友だち追加
友だち追加

ビットコイン寄付のお願い

My Bitcoin address:13yHxzoc3iudJpkzJZWhrvSCy425Sqx78M
ビットコインの寄付をよろしくお願いします。
Thank you for donations of Bitcoin.