【Newsweek】中国共産党の「断交」作戦で台湾は独立路線に舵を切る[10/3]

LINE@友だち追加でお得な情報をゲット!!
LINE@のアカウントができましたo(≧▽≦)o
↓友だち追加してね↓
友だち追加

<新たに2カ国が外交関係を断絶したが孤立を図る中国の戦略は反発を招くだけだ>

ダブルパンチの断交劇だった。

9月16日に南太平洋のソロモン諸島、20日にキリバスが台湾との外交関係の断絶を通告。ソロモン諸島は21日に、キリバスは27日に中国と国交を樹立した。

今回の一件で、台湾と外交関係を維持する国は15カ国にまで減った。札束外交で国際社会での台湾の孤立を図る中国は、新たに2つの勝ち星を挙げた形だ。こうした中国の戦略は今後も成果をもたらす可能性が高い。

長期的に考えれば、台湾が規模も経済力もはるかに大きい中国と競うのは無理がある。中国が「一帯一路」構想に基づく外交政策の中核に、対外援助を据えているならなおさらだ。

だが、中国政府が見逃している点が1つある。台湾の外交的孤立を狙う戦略によって、中国の利益が損なわれるリスクだ。台湾の孤立は中台統一につながらず、むしろ台湾は国家承認に向けて新たな道を模索することになるだろう。

そうした動きは既に始まっている。昨年8月、中米エルサルバドルが台湾と断交した際、台湾総統府の黄重諺(ホアン・チョンイエン)報道官が「外交関係を全て失う事態を含め、あらゆる可能性を検討している」と、香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストは報じた。

以来、台湾の政権は断交を主権に対する攻撃と位置付け、非難の語気を強めている。市民の反応も同様だ。台湾の若者たちは14年、当時の国民党政権の対中融和姿勢に反発し、「太陽花(ヒマワリ)革命」によって立法府を占拠した。

国際社会で孤立が進めば、怒る台湾市民は政治家に、中国の台湾での影響力拡大を招きかねない政策を拒否するよう迫るだろう。そうなれば、中国が台湾で政治的に手を組む相手を見つけることは難しくなる。

「独立国家・台湾」への道

中国政府は先頃、来年1月に予定される台湾総統選の野党・国民党候補、韓國瑜(ハン・クオユィ)高雄市長への支持を表明。伝統的に親中派である国民党中心の「青色陣営」を今も連携相手候補と見なしているが、国民党が中台統一を検討できる状況にあるとは考えられない。

以前は対中関係強化を訴えていた韓だが、一国二制度を実現させるなら「私の屍を越えて行け」と発言して態度を変化させている。中国政府と国民党の立場のギャップは広がり続け、両者の交渉が実現する見込みはこれまで以上に薄くなっている。

国民党の中国離れが進めば、与党・民主進歩党(民進党)を中心とする「緑色陣営」は独立志向をさらに強調するだろう。

その中でも、存在感が際立つのが台湾独立を主張する一派だ。サウスチャイナ・モーニングポストによれば、台湾の游錫堃(ヨウ・シークン)元行政院長(首相に相当)は「中華民国として外交関係を失うとしても、独立国家・台湾として同盟国を得られるだろう」と発言。

さらに、外交関係維持のための対外援助をやめれば、その分の予算を台湾人に振り向けられるという独立派の主張が、さらに多くの有権者の心をつかむ可能性も否定できない。

外交関係を結ぶ国がゼロになれば、台湾は国家だとの主張は説得力を失う。それでも台湾は中国の主権を受け入れず、中台統一にさらに背を向けるだろう。

既に中国への懐疑を強めている台湾の政界は、これまでとは別の選択肢を探ることになる。孤立化を図れば台湾の政治秩序や現行体制は不安定化し、結果として中国の長期的利益が損なわれる。

台湾で独立志向が高まる未来を望まないなら、中国は断交戦略を見直すべきだ。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/10/post-13096.php
Newsweek 2019年10月3日(木)11時30分トラビス・サンダーソン (台北在住ジャーナリスト)

2ch.sc@東アジアnews+ | ログ速

【Newsweek】中国共産党の「断交」作戦で台湾は独立路線に舵を切る[10/3]  に関するツイート

AZUMIX AZUMIX

22 時間

新しく書かせていただいた記事が掲載去れました! 韓国3大未解決事件の1つだった「」のモデルのなってる事件の容疑者。今まで否定してましたが遂に今日犯行を認めたそうです。

あっ あっ

10月2日

年代別にうける話がわかってきたきがする 兄さんぐらいだったらゲームの話 おっさんくらいだったら株の話 おじさんくらいだったら車の話 困った時は時事ネタ()

ニューズウィーク日本版 ニューズウィーク日本版

21 時間

低成長、消費増税、少子化……それでも日本人は楽観していい 状況は決して真っ暗ではない。未来は不透明だが、日本は未来を先取りする国だからだ。変化の時代を乗り切り、損をしないために知っておきたいこととは?

れっどどわーふ れっどどわーふ

19 時間

いい訳ないだろw 単純に労働力が足りないし、あと十数年は効率化を阻む管理職や経営陣がのさばる。 詰んでるのは間違いない。 逆に云えば、いまの世代が子供を2、3人しっかり育てれば就活のハードルは低めになる。 ↑偉い人はここをしっかり推していかないとアカンよ。

Newsweek Newsweek

9月30日

Donald Trump's "Civil War" quote tweet is actually grounds for impeachment, says Harvard Law profressor

clovey58 clovey58

10月1日

中国人ではなく、共産党政府です!何もかも中国人のせいにしないでください!別に全ての中国人はそうするというわけではないから。

ニュース速報 ニュース速報

10月2日

】 ロシア疑惑とはまったく違う、ウクライナ疑惑の中心人物はトランプ本人

ニュース速報 ニュース速報

7 時間

】 中国共産党の「断交」作戦で台湾は独立路線に舵を切る

xxcd456 xxcd456

20 時間

余計なお世話です。 それより世界中で右下がりの出版・メディア業界のことを心配してください。

ニューズウィーク日本版 ニューズウィーク日本版

10月2日

インドネシア警察、学生デモ鎮圧に実弾射撃で死者2名 取材記者にまで暴力 民主化を求める学生たちと警察が対峙するのは香港だけではない──

santana tera santana tera

9月28日

日本版より。過去の過ちを認めようとしない愚かさ、過去に拘り未来を危機にさらす愚かさ、どちらも「愚」その通りだと。

Newsweek Newsweek

10月1日

The blackface scandal tells us more about Canada's systemic racism than about Justin Trudeau | Opinion

new-KID in town new-KID in town

19 時間

多くの課題が山積していることを知りながら、棚上げし続け、楽観してきたから、今の窮状がある。 結局、若者世代が覚悟を決めて内憂外患の日本を建て直して行かねばならない。壮年層は平気で「俺はあと30年もすればこの世にいないから、関係ない」と言う。 もうそんな甘いことは言っていられない。

小铃铛(logan23) 小铃铛(logan23)

9月30日

ニューズウィーク日本版 ニューズウィーク日本版

23 時間

「GSOMIA破棄で損害を被るのは韓国」米有識者が断言 ーー日米韓の協調体制がダメージを受ければ韓国がその責任を問われかねない    

大谷吉継 大谷吉継

10月1日

立憲、共産党は何かコメントしなよ

TrueStoryBot TrueStoryBot

10月1日

ハザールマフィア資本のだけあって漫才のレベルも吉本を超えているニャ! ピエロニャンコより笑えるニャ! <安倍蚤クズの三本の矢> 1)ムサシによる不正選挙 2)日本人の労働者の奴隷化 3)日本国民の資産ぼったくり 完璧な仕事をやったニャ、この売国奴!

ひまわり ひまわり

10月1日

返信先: @Newsweek_JAPAN
戦争反対の平和主義者さんは、今頃北京で反対デモをしているんですよね?

Supernova Supernova

20 時間

返信先: @Newsweek_JAPAN
アメリカに到達、より、日本に到達を心配したらどうだろう? イージスアホアでOKかどうか・・・

語り垢 語り垢

10月2日

日本も同じやろ、改憲して大日本帝国から日本国に改名した時はすで新しい国だろう、お前の理屈で言うならば



おすすめ記事一覧


おすすめ情報

LINE@友だち追加でお得な情報をゲット!!

LINE@のアカウントができましたo(≧▽≦)o
友だち追加でお知らせなど
お得な情報を受け取ることができます。
みんな友だちになってね♪

友だち追加は、下記のURLのからどうぞ!!
友だち追加
友だち追加

ビットコイン寄付のお願い

My Bitcoin address:13yHxzoc3iudJpkzJZWhrvSCy425Sqx78M
ビットコインの寄付をよろしくお願いします。
Thank you for donations of Bitcoin.