CATEGORY 世界情勢

【自由韓国党・黄教安代表】労働時間「週52時間は行き過ぎ…大韓民国はもっと働かなければならない国」[12/6]

黄教安(ファン・ギョアン)自由韓国党代表は6日、「(労働時間を)週52時間に減らしたのは行き過ぎているようだ」とし「(大韓民国は)もっと働かなければならない国」と述べた。

黄代表はこの日、ソウル大で「危機の大韓民国、経済危機と代案」をテーマとした特別講義で「発展を持続させるためには、もっと働くことが必要な国」と述べた。

黄代表は「(労働時間を)減らしても大丈夫な方もいるが、52時間のせいで仕事の途中で退勤しなければならないし、会社も照明を落としてしまって仕事ができない」と指摘した。

黄代表は「政府の問題は週52時間を守れ、違反すれば処罰するということだが、そんな国は世界的にない」とし「労使が合意してやるように推奨・勧誘・誘導するのは可能かもしれないが、(52時間制を)守らなかったからといって処罰するから、今後は対抗しなければならない」と述べた。

黄代表は「例えば、科学技術などの研究課題を集中的に、夜を徹して結果を出したのが私たちの成長過程の様子」だとし「若い人たちは子育てしながら出ていくお金が多いからもっと働かなければならないのに、それを妨げてしまった」と批判した。

続いて「生活の質を高めるために労働時間を減らすのは望ましく、(そう)すべきであり、私たちの労働時間が多いのは事実」としつつも「(労働時間を)減らしていくことは基本的に労使が合意するのが正常」と強調した。

黄代表は青年手当についても「あってもなくても変わらない福祉」と批判した。「青年手当を適切に使えない青年もいる。生活費に使ってしまったり、さらには外食したりするのに使ったりしている」と述べた。黄代表は「私たちが考える青年手当は使ってなくなる福祉ではなく、使って活用して未来を準備する福祉になるようにしようということ」と述べた。

この日、講演後に続いた質疑応答はメディアに非公開で行われた。黄代表は昨年10月、建国(コングク)大学と国民(クンミン)大学の特別講義でも質疑応答は非公開で行った。

https://s.japanese.joins.com/jarticle/260279
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.06 17:04

【日経】韓国は病んでいるように感じる。失礼だが、隣国からはそう見える[12/6]

 先日、テレビ番組に出演していたら、韓国の美容整形事情について特集が組まれていた。韓国の美容整形市場が興隆しているのは、日本人でも知っている。多くの若い女性が美容整形に殺到しても、もはや驚くに当たらない。

 女性たちは「美容整形が悪いとは思わない」「子供にも美容整形を受けさせたい」と言う。誕生日プレゼントに美容整形のチケットを贈る。そして、受験勉強から解放されて大学生になった途端、美容整形病院に“お世話”になる……。繰り返し報じられてきた姿だろう。

 私が驚いたのは、韓国の男性、それも中年男性にも美容整形や美容医療が流行しているという点。理由は、出世レースに勝ち残ることだ。出世には実力はもちろん、見た目も重要になる。出世レースで負ける要因は少しでも排除したい。

 私には、韓国は病んでいるように感じる。失礼だが、隣国からはそう見える。

 当連載はサプライチェーンを論じるものだが、本稿では韓国経済を統計から見つめた上で、今後の企業戦略を考えてみたい。

https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00761/120500016/
病む一方の韓国経済に苦慮する日本企業、見習うべき孫正義氏の狡猾さ

【朝鮮日報】韓国軍のF35A戦力化行事、鄭国防相が出席を見送り[12/6]

韓国軍周辺からは批判の声も「北朝鮮の顔色をうかがっている」

 今月17日に予定されているステルス戦闘機F35Aの戦力化行事に韓国国防部(省に相当)の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官が参加しないことが5日までに分かった。当初この行事は今年の初めに行われる予定だったが、韓国軍は理由を明確にしないまま複数回にわたり延期を続けてきた。F35A導入に強く反発している北朝鮮を意識した対応と考えられる。紆余(うよ)曲折の末に開催される今回の行事も最終的に鄭長官が参加しない場合、「度が過ぎた北朝鮮の顔色うかがい」などの批判も避けられない見通しだ。。

 ある韓国軍関係者は「鄭長官はF35A戦力化行事に参加しない方向で準備を進めている」「戦力化行事は空軍参謀総長主管という形になるだろう」と説明した。鄭長官が今回の行事に参加しない理由は、すでにF35A関連の行事に参加したためとされている。

 しかし韓国軍の周辺では「兵器の実戦配備を意味する戦力化行事に長官が参加しないのは不適切」などの指摘も相次いでいる。ある予備役将校は「他の通常兵器ではなくステルス戦闘機だ。韓国軍にとって最新鋭兵器となるF35Aの戦力化行事に長官が参加ないのは非常識だ」とした上で「北朝鮮の顔色うかがいが行き過ぎている」などと批判した。

梁昇植(ヤン・スンシク)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/06/2019120680025.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/12/06 10:20

【旭日旗】 日本、旭日模様は「伝統文化」と言うため古美術品収集…保坂祐二教授「完全に嘘」[12/06]

https://image.edaily.co.kr/images/photo/files/NP/S/2019/12/PS19120600365.jpg
▲[日韓の現場]旭日の古美術 外務省 海外調査…米に江戸後期の浮世絵(読売新聞)

日本が旭日旗模様が伝統文化の一部という点を強調するために古美術品まで集めていることが分かった。

保坂祐二、世宗(セジョン)大教授は6日午前、CBSラジオ「キム・ヒョンジョンのニュースショー」とのインタビューでこのように述べた。

保坂教授は最近、日本外務省が米国ボストン美術館で購入した風俗画のデザインに対して「日本で広く使われたというのは完全に嘘」と指摘した。

この風俗画は1833年、浮世絵画家が描いた図で、青色の背景に白色の日差しが広がる形態のイメージが見える。日本はこの図を根拠に旭日旗模様が伝統模様だと主張している。

保坂教授は「昔、武士一族で類似したものを使ったが、日本で広く使われていたというのは嘘。1870年に陸軍のロゴになった後、(旭日旗が)使われたことがあるだけ」と指摘した。

保坂教授は旭日旗の起源について「中央に円は日王の模様で来たもの。その次の白と赤の色、32個は日王の軍隊ということを現わす」と説明した。また、保坂教授は「日本軍国主義の象徴、靖国神社。この模様も同じだ。だからこれが侵略の象徴ということ」と付け加えた。

旭日旗模様は伝統模様ではなく、日帝軍国主義の意図が明確に込められた図案ということだ。

保坂教授はこのような旭日旗を来年、東京オリンピックで許容した日本側の立場も強く批判した。彼は「何といっても今でも軍旗ではないか。海上自衛隊で使っている。それをなぜ、あえてスポーツ行事に使わなければならないのか。そこが根本的な問題」と指摘した。

チャン・ヨンナク記者

ソース:イーデイリー(韓国語)日旭日旗’伝統文化’根拠という古美術品…”完全に嘘”
https://www.edaily.co.kr/news/read?newsId=02233686622715896&mediaCodeNo=257&gtrack=sok

関連スレ:【韓国】 「日帝強制占領期間は合法というのが日本の中心論理だが間違い」~日系韓国人、保坂祐二教授★2[11/07]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1573226574/

【南北を監視・偵察】米偵察機が今度は朝鮮半島東の海上に 北朝鮮の潜水艦基地を偵察か[12/6]

【ソウル聯合ニュース】米軍の偵察機がこのところ相次いで朝鮮半島上空を飛行しているが、新たに朝鮮半島東の東海上空でも作戦を実施したようだ。

民間の航空追跡サイト「エアクラフト・スポット」で6日、米空軍の偵察機RC135Sが沖縄の米軍嘉手納基地を出発し、日本の内陸を通過して東海の上空へと向かったことが確認された。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射など北朝鮮による新たな挑発の動きを探るため、東海の北朝鮮の潜水艦基地を偵察したとみられる。RC135Sは遠距離から弾道ミサイルの軌跡を追跡できる偵察機だ。

 米軍は北朝鮮による先月28日の「超大型放射砲(多連装ロケット砲)」連続発射実験を前後し、偵察機の朝鮮半島出動を増やしている。

 今月5日には、米空軍の通信傍受用偵察機RC135Wが朝鮮半島の上空を飛行した。先月27日と今月3日には米空軍の地上監視偵察機E8Cが朝鮮半島上空を飛び、作戦を行った。先月28日と30日には米軍偵察機のEP3E、U2Sなどが、今月2日にはRC135Wが朝鮮半島上空に出動した。

 米国は北朝鮮が一方的に設定した対米交渉期限の年末を前に、相次ぐ偵察飛行で北朝鮮に警告を発すると同時に監視活動を強めていると分析される。

 米朝関係は近ごろ再び緊張が高まりつつある。トランプ米大統領は先ごろ北朝鮮への軍事力行使の可能性に言及し、軍序列2位の朴正天(パク・ジョンチョン)朝鮮人民軍総参謀長は軍事力を使用すれば「相応の行動に出る」と警告した。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191206002300882?section=nk/index
聯合ニュース 2019.12.06 16:39

https://i.imgur.com/I0ojwwX.jpg
米軍偵察機RC135Sの飛行ルート(エアクラフト・スポットのツイッターより)

関連
【軍事】 米軍偵察機に続き哨戒機も朝鮮半島上空飛行  北朝鮮を監視
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1575420791/

関連系
【レッドチーム】波紋広げる文正仁韓国大統領補佐官の「中国による核の傘提供」発言 佐藤正久前外務副大臣もツイッターで指摘[12/5]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1575546183/

【朝日新聞】出版業界はヘイト本を売って差別を拡大し憎悪扇動に加担。この国にジャーナリズムの誇りを取り戻す[12/6]

 オリンピックに向かって、あるいは〈ポスト・オリンピック〉に向かって、事態はつるべ落としのごとく悪化の一途を辿っているように見える。オリンピックへのカウントダウンが、まるでこの国が沈んでいくさまを刻々と映すコマ送りの機械音のように聞こえてくる。

 社会のあらゆるシステムが崩壊し始めているのだろうか。もちろんそれもあるかもしれない。が、問題はそのシステムを動かしている人倫が崩壊し始めていることだ。まさに小沢一郎氏のツイッター上の口癖である「頭が腐ると全部腐る」状態である。

 前回〈出版は「恥ずかしい仕事」になってしまった⁉︎〉で、この国は「分断」され、「精神の鎖国状態」に陥ってしまったと書いた。しかし事態は、果たしてこの国に「閉ざして守るほどの精神ありや」と自問しなければならないところにまで来ているように思える。

 「誇り」を取り戻す。本来の意味で。

 少なくともここで問題にしている「出版ジャーナリズム」に「誇り」を取り戻すにはどうしたらいいか……そのヒントは「いま、ここ」にしかないはずだと結んだ直後に、永江朗氏の労作『私は本屋が好きでした』(太郎次郎社エディタス刊)が出たと知り書店に走った。この本の副題は「あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏」である。

 行間から滲み出る感情からすればまさしくこれは「怒りの書」であり、中学生の頃から書店通いを始め、好きが高じて洋書店員になり、ついにはライターとして30年あまり全国津々浦々の書店を取材して回った文字通りの「書店通」である著者からすれば、「必然の書」であるかもしれない。けれども1年ぐらいで書き上げるつもりが丸4年もかかった理由が「すっかりいやになってしまった」から、というしんどさ(これは実感としてよくわかる)を考えると、やはりこれは「労作」としか言いようがない。

この国には「アイヒマン」が跋扈している

 前回引用した小田嶋隆氏のツイッターの言葉を借りれば、まるで(韓国や中国との)「開戦前夜」と化した書店の店頭がなぜそんなふうになったのか。そのわけをマクロからミクロまで、微に入り細にわたって著したのが本書だが、「川上から川下まで――出版界はアイヒマンか」と題した章で、次のように述べる部分がとりわけ腑に落ちた。

 〈わたしが「出版業界はアイヒマンなのか」と思ったのは、個々の関係者が積極的に排外主義を広めたり、在日外国人を怯えさせたりしようと思っていなくても、「それが与えられた仕事だから」という理由でヘイト本を編集したり売ったりして、結果的に差別を拡大し憎悪を扇動することに加担しているからである。(中略)出版業界にいる人は、自分も差別の拡大と憎悪の煽動に手を貸していることを自覚すべきであり、自分の手は汚れていると思うべきだ。後ろめたさを感じていない出版業界人は信用できない〉

 1961年、ナチスの親衛隊将校・アイヒマンがエルサレムで裁かれた。数百人ものユダヤ人を収容所に移送した男である。雑誌「ニューヨーカー」の依頼でその裁判の克明なレポート『エルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告』(みすず書房)を著したハンナ・アーレントは、アイヒマンが札付きの極悪人とはほど遠く、命令に忠実に従っただけの、ごく普通の小心な役人に過ぎなかったことを暴いた。

 〈つくりたくもない本をつくらざるをえない編集者は、まさに自己疎外……されている、いや、している?/この自己疎外は出版業界全体を包み込むアイヒマン状態と同じだ。自分の行為について倫理的に検討することをやめ、それがもたらすものについて思いをめぐらすことを拒否し、責任を持つことを放棄している〉

 書き写していて、これはこと出版業界にとどまらぬ病に思えてきた。考えてみれば、この国のどこもかしこもに「アイヒマン」が跋扈している。

 この本の基調をなすのは「怒り」かもしれない。あるいはある種の「やるせなさ」かもしれない。けれどももっと底の方に流れているのは、たとえば次のような箇所に見られる確固たる信念だ。

 〈本屋という仕事は、ただそこにあるだけで、まわりの社会に影響を与えることができるものなのだ――〉

 これは著者がヴィレッジヴァンガード創業者の菊地敬一さんから聞いたという言葉で、そこから著者は「みずからの影響力に無自覚な本屋は本屋とはいえない」という確信を得るのだが、その下りを読んで思いを馳せたのは、この秋、東京・日本橋の「コレド室町テラス」にオープンした「誠品生活」のことだった。

朝日新聞:論座
https://webronza.asahi.com/culture/articles/2019120600010.html

【話題】米韓防衛費分担交渉 決裂 ★3[12/6]

米韓 防衛費分担交渉 決裂
2019年12月06日 14:13

米韓防衛費分担金特別交渉の定例協議は、米国側の過剰な要求により決裂した。ワシントンで韓国側代表、元金融副委員長を務めたJeong Eun-bo氏が語った。

韓国聯合ニュースは「現在、両国間の意見の相違を埋める作業を継続しなければならない状況に置かれている」というJeong Eun-bo氏のコメントを伝えた。

Jeong Eun-bo氏は「米国は自身の立場を曲げない」としながらも、ソウルとワシントンは今年末までに合意に達するだろう、という期待を表明した。

報道によると、米国は韓国駐留米軍の維持費に関し、韓国側の負担を来年はこれまでの5倍にあたる50億ドル(約5435億円)に増やすことを要求。さらに合同演習実施を求めている。
今年末に期限切れとなる現行の協定では、韓国は約8億7千万ドル(約943億円)を負担している。

聯合ニュースは、次回協議は今月中に米国側代表のジェームズ・デハート氏がソウルに赴き、継続して行われると伝えている。

https://jp.sputniknews.com/politics/201912066895070/

★2
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1575625543/

【写真】日本と韓国の市民「日韓の友好関係は市民の力で」[12/6]

写真
https://img6.yna.co.kr/photo/yna/YH/2019/12/06/PYH2019120609680006200_P2.jpg

【春川聯合ニュース】韓国の翰林聖心大東アジア平和研究所と翰林大日本学研究所は6日、江原道・春川の翰林大キャンパスで「東北アジア平和共存のための韓日平和フォーラム」を開催した。

 フォーラムには韓国から姜昌一(カン・チャンイル)韓日議員連盟会長、金亨錫(キム・ヒョンソク)延世大名誉教授、李洙勲(イ・スフン)前駐日大使、日本から糸数慶子・前参院議員、小森陽一・東大名誉教授、秋葉忠利・前広島市長らが出席した。

 両国の出席者らは「日韓の友好関係は市民の力で」と日本語で書かれた横断幕を広げるパフォーマンスを行った。

 続いて北東アジアの平和共存をテーマに講演、対談、フォーラムと総合討論を行い、第2次世界大戦の痛みから生まれた日本の平和憲法と朝鮮戦争の傷跡が残る南北非武装地帯(DMZ)を、両国の市民の協力で北東アジア地域の平和資産として構築しなければならないとの考えで一致した。
 姜会長は「現在の両国関係は出口を見いだせないまま残念な状況に置かれているのが事実だ」としながら、「米中対立が深まるなど北東アジアの先行きが不透明な現在、韓日間の緊密な協力は必須だ」と述べた。

 秋葉前市長は、韓日関係が危機にひんし、北東アジア全体でも不安要素が増しているなか、今回のフォーラムの重要性はいくら強調してもしきれないと力説した。また、「広島」「都市」という観点から現在の北東アジアに対する見解を述べた上で、日本と韓国は親しくなければならないという認識を前提にさまざまな活動を続けていくことが重要だと強調した。

 参加者らは7日に韓国最北端に位置する江原道・高城の統一展望台で朝鮮半島の平和を願って「平和行進」を行う。
ynhrm@yna.co.kr
https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191206002500882

【話題】田原総一朗さん「日本が文政権追い詰めた。日本は文政権が来春の総選挙で勝てる手立てを提言すべき」[12/6]

ジャーナリストの田原総一朗氏は、日韓関係について今後の関係修復を提言する。

*  *  *
 韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効6時間前に「終了延長」を発表した。

 これによって、日米韓の「軍事同盟」の象徴は、ギリギリのタイミングで当面は維持されることになった。

 韓国がGSOMIA破棄を宣言したのは8月23日である。この宣言は、日本政府が韓国向けの半導体3品目の輸出規制強化措置を打ち出し、さらに輸出優遇国からの除外を決めたことに対する報復措置であった。

 GSOMIA破棄問題については、日韓で具体的な交渉は進んでいない。おそらく米国がよほど強烈な圧力を加えたのであろう。あるいは、在韓米軍の撤退などということを示したのではないか。

 現在、文在寅大統領は、来年4月の総選挙のことしか考えていないはずだ。もしも総選挙で与党が負けることになると、文大統領が逮捕されるという危険性もある。韓国というのは怖い国で、大統領の任期が終わると、逮捕されたり、自殺に追い込まれたりする例が少なくない。だから、何としても総選挙に勝たねばならない、と全力を投入している。

 そして、総選挙に勝つために、文大統領としては、GSOMIAを延長する代わりに、日本側に、半導体の輸出規制強化を外す、あるいは緩和することを求めたいのだろう。

 もっとも、問題はほかにもある。韓国の大法院が徴用工問題で日本企業は賠償金を支払うべきだとする判決を出し、文政権はこれを全面的に支持して日本側に実行を迫っている。対して日本政府は、こうした問題は1965年の日韓請求権協定で決着していて、韓国側の主張には正当性がないと強調。徴用工問題を見直さない限り、輸出規制強化措置を変更するつもりはない、と表明している。

 現在の日韓関係は戦後最悪で、日韓が対立することに両国ともメリットはなく、ダメージが大きい。たとえば、韓国からの訪日客は減り続け、10月を例にとれば、前年同月から65.5%減と激減していて、ビールなどの食料品輸出額も58.1%減とすさまじい落ち方をしている。

 そもそも文政権が徴用工問題を持ち出したのは、韓国の経済が悪化して、文政権の支持率が落ちるのを止めるためであった。

 どの国でも、政権の支持率が下落すると、それを止めるために前政権の政策を強く否定する。たとえば、米国のトランプ大統領は、民主党のオバマ前大統領の政策を全面的に否定している。TPPやイラン核合意の否定など、数多くある。

 文大統領も、朴槿恵前大統領が日本政府との間で結んだ慰安婦合意を全否定した。しかし、それでも支持率低下が止まらなかったので、徴用工問題を持ち出したのである。

 原因は、韓国の経済が悪化したことなのだ。日本政府が、半導体の輸出規制強化や輸出優遇国からの除外などを行えば、韓国の経済はどんどん厳しくなる。いわば追い詰められた文政権がやってしまったのがGSOMIA破棄宣言だったのである。

 文政権を追い詰めたのは日本政府なのである。そこで、最悪の日韓関係を本気で修復しようとするならば、文政権が来春の総選挙で勝てる手立てを提言すべきではないか。

 実は、数週間前に自民党の二階俊博幹事長に「こんなときこそ、党は主体的に、積極的に韓国と交渉すべきだ」と話した。すると、「その通りだと思う。やろうと思っています」と答えた。今後の展開を注視したい。

※週刊朝日  2019年12月13日号
https://dot.asahi.com/wa/2019120300049.html

【社会】柳本卓治「中曽根康弘先生は、中国や韓国に申し訳ないという気持ちがあったと思います」[12/6]

【中曽根氏を悼む】他国の発展は日本国の喜び 柳本卓治氏
2019/12/06 18:44産経新聞

 私にとって恩師であり、父である中曽根康弘元首相を亡くしたことは大きな衝撃です。国家にとっても戦後政治の生き字引という財産をなくしました。

 中曽根先生と最初に出会ったのは昭和40年9月、河野一郎元農相が亡くなり、母校の早大で追悼演説会を開いたときのことです。

 戦後、しばらく早大出身の首相が出ていなかったので、河野さんを首相にしたいという願いが早稲田の人間にありました。先生は吉田茂や鳩山一郎の後継首相とみられながら急逝した緒方竹虎ら早稲田出身の政治家を踏まえ、「早稲田の政治家は悲劇だ。しかし、それだけ国民と密接に政治を行っていたからに他ならない」と述べられた。

 それまでは「官僚政治家」というイメージを持っていたのですが、言葉を聞いて心を打たれました。中曽根康弘の政治は喜びや悲しみを分かち合う「感激の政治」だと思ったのです。

 先生が政治家を志した原点は、終戦の日に抱いた英霊に報いるために立派な日本を再建するという信念です。外交では、日米関係を基軸に北東アジアの安定を考え、レーガン元米大統領と「ロン・ヤス」関係を築きました。これは今もなお生きていますね。

 戦争を体験した先生は、中国や韓国に申し訳ないという気持ちがあったと思います。だから首相就任後、米国より先に韓国を訪問したのでしょう。

 私なりに表現すれば、中曽根政治の神髄は「思いやり」です。他人の不幸せの上に自分の幸せを築かない。他国の発展は日本国の喜びであるという精神だと解釈しています。

 最後にお会いしたのは今年の9月末です。先生は顔色もよく元気そうで、憲法改正の話もしていました。戦後一貫して自主憲法の制定を訴えてきた先生は、改憲を目指す安倍晋三首相に期待していました。

 私自身、参院憲法審査会会長を5期務め、今も自民党の憲法改正推進本部の特別顧問をしています。大事なことは野党の理解です。先生が会長として改憲の必要性を発信してきた超党派の「新憲法制定議員同盟」の事務局長として、来年4月28日の集会を開催することがまな弟子としての責任であり、使命です。(広池慶一)

     ◇

 やなぎもと・たくじ

 昭和19年、大阪市生まれ。早大大学院修了後、4年間中曽根康弘元首相の秘書を務めた。大阪市議会議員を3期務めた後、平成2年の衆院選で初当選。25年に参院議員にくら替え後、参院憲法審査会長などを歴任。令和元年参院選に立候補せず政界を引退した。
https://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/sankei-plt1912060025.html