CATEGORY 世界情勢

【新型肺炎】 大手映画スタジオ所属監督の一家4人が死亡、凄惨な「遺書」に大きな衝撃

大手映画撮影所の一つ、湖北電影制片廠に所属する監督監督と家族が、新型コロナウイルスに感染し相次いで命を落としたことが明らかになった。
現地のリアルな状況を浮き彫りにした出来事として、中国の人々に大きな衝撃を与えている。

今月16日に武漢市の人民医院で死亡が確認されたのは、湖北電影制片廠に所属する常凱(チャン・カイ)監督。
享年55歳だった。同廠では同日に死亡広告を発表し、その死を悼んでいる。

この常凱監督について、本人だけでなく家族3人が新型コロナウイルスに感染し、
両親が2月3日と8日に相次いで他界し、実姉も同14日に死亡していることが明らかになった。

妻は感染しているものの比較的症状が軽く、息子は英国留学中で難を逃れたという。

大手ニュースサイト・捜狐(SOHU)の取材に応じた常凱監督の同僚によると、最初に症状が出たのは監督の父親だが、
どこの病院も患者であふれ返っている状態で受け入れてもらえなかったとのこと。

2日にやっと医者が自宅までやって来たものの、治療が受けられなかったことで病状が悪化し、数時間後にそのまま自宅で死亡したという。

中国のネット上では、常凱監督が書いたとされる遺書の文面が拡散されている。

「どこの病院へ行っても人が多すぎて拒否される」「助けを求めても一つのベッドさえ確保できない」などといった現地の状況が生々しく記されているが、
この遺書についてインタビューに応じた同僚は、「本人が書いたものかは確認できていない」と話している。

常凱監督と家族を襲った今回の悲劇は、人々に大きな衝撃を与えている。

多くの人々の見解は、大手撮影所の所属監督であれば仕事柄、一般の人よりは条件が良く、さまざまなつてがあったはずだというもの。
しかし、このような形で一家4人が死亡したことで、「それだけ武漢現地は悲惨だということ」「発表されている致死率の数字も疑わしい」などと、
今の状況を改めて不安視する声が上がっている。
https://www.recordchina.co.jp/b782299-s0-c70-d0044.html

【北朝鮮】 「新型コロナウイルスの感染者が1人も発生していない」

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は18日、
非常設中央人民保健指導委員会幹部の話として、新型コロナウイルスの感染者がいないと報じた。

北朝鮮当局は今月2日に初めて自国内に感染者がいないと正式に明らかにしてから、
関係者やメディアを通じて連日のように感染者が出ていないことを強調している。

同幹部は北朝鮮当局の新型コロナウイルス対応の成果を評価した上で「現在まで感染者が1人も発生していない」と述べた。
感染者が発生した場合に備え可能な限り全ての対策を講じていると強調した。

保健分野のインフラが不十分な北朝鮮は先月28日に国家非常防疫体系を打ち出した。
各地域に非常防疫指揮部を設置し、総力を挙げてウイルスの流入防止に取り組んでいる。
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200218000700882

【朝鮮日報】韓国の輸出、製造業4大国で最悪[2/18]

 韓国、中国、日本、ドイツの「製造業4大国」のうち、昨年は韓国の輸出成績が最悪だったことが分かった。

 全国経済人連合会(全経連)は17日、世界貿易機関(WTO)の統計を分析した結果、昨年1-9月の韓国の輸出が前年同期比9.83%減少し、中国(0.09%減)、日本(4.5%減)、ドイツ(5.21%減)に比べ減少幅が大きかったことを明らかにした。

 韓国は2008年の世界的な金融危機以降、過去10年間にわたり、主な品目で世界シェアを伸ばしてきた。世界の20大貿易品目(原油・ガスを除く)の韓国のシェアは08年時点の4.30%から18年には6.58%へと2.28ポイント上昇した。中国のシェアは同じ期間に11.0%から20.83%へとほぼ2倍になり、ドイツは1.64ポイント伸び、日本は0.43ポイント低下した。

 全経連のオム・チソン国際協力室長は「韓国の輸出の4分の1、海外投資の3分の1を占める中国経済の成長が新型コロナウイルスによる感染症の影響で鈍化すると予想され、今年はさらに攻撃的な通商戦略が求められる」と話した。

辛殷珍(シン・ウンジン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020021880004

2020/02/18 08:42

【K-フード】光州おにぎり、ブランド化・商品化『加速』[02/16]

|1号おにぎり専門店『ごはん(パプ)コンサート』オープン
|5180おにぎりセットなど販売

(写真)
https://cdnweb01.wikitree.co.kr/webdata/editor/202002/16/img_20200216190654_6c36335b.jpg
▲ 5010おにぎりセット
_______________________________________________________

光州(クァンジュ)広域市(市長=イ・ヨンソプ)が光州の代表食の一つとして、集中的に育成している光州おにぎり(チュモクバプ)のブランド化、商品化に拍車をかけている。

光州市は光州おにぎり専門店(1号店)の『ごはん(パプ)コンサート(Bob Concert)』が、近ごろ本格的な営業に入ったと明らかにした。

国立アジア文化殿堂の近くに位置する『ごはんコンサート』は、5180おにぎりセットをはしめ、16種類のおにぎりメニューと牛あばら肉のヒノキ蒸し、土鍋のプルコギ、海産物の煮物など、様々な付け合わせメニューを販売している。

代表メニューの5180おにぎりセットは、毎日ランダムで決定するおにぎり2種類と、光州の代表食の一つであるレタスの天ぷら、煮干し出汁のそうめん、餅炒め、サラダが加わり、たっぷりで多彩な光州の味を提供する。

特に5・18民主化運動精神の継承のため、価格を5180ウォン(税抜き)に設定している点にも注目だ。

(写真)
https://cdnweb01.wikitree.co.kr/webdata/editor/202002/16/img_20200216190711_18dd5c44.jpg
▲ タコ炒めとおにぎり

(以下略)

ソース:ウィキツリー(韓国語)
https://www.wikitree.co.kr/articles/505647

【中国・天津】 百貨店から感染拡大か 客ら2万人割り出し隔離

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中国の天津では、市内にある大規模な百貨店から感染が広がったとして、
利用客らおよそ2万人を自宅に隔離する徹底した対策が行われています。

中国メディアによりますと、天津の宝※テイ区にある百貨店では、先月31日に従業員の1人に新型コロナウイルスの感染が確認されたあと、
利用客と従業員に相次いで感染が確認され、今月12日までに感染者が35人に増えました。

これを受けて地元当局は百貨店の従業員およそ200人全員を隔離したほか、地域の住民に百貨店を利用していた場合は報告するよう呼びかけ、
さらに、ビッグデータを使いながら、担当者が地域の住宅を1軒ずつ回って、最終的におよそ2万人の利用客らを割り出したということです。

地元当局はこの2万人に自宅での隔離を求めたうえで、7人が発熱していることを突き止め、
このうち5人は感染していないことが確認され、残る2人を確認中だということです。

天津では17日までに確認された感染者は124人で、このうち3人が死亡しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200218/k10012289911000.html

【中国/動画】隔離解除が決定した男性、喜びを爆発させる=ネット「画面越しでもうれしさが伝わってくる」[2/17]

2020年2月15日、中国メディアの央視新聞は、経過観察のための隔離の解除が決定した中年男性が喜びを爆発させたと伝えた。

記事によると、江蘇省無錫市に住む張(ジャン)さんは最近、自宅での経過観察が解除されたことを知り、あまりのうれしさにその場で喜びが爆発。「下に行って何周も走るぞ!」と走る動作をし、くるりと回ってガッツポーズをした。これを見た医者は「それでも外出は控えめに」と注意を促した。

これについて、中国のネット上では「おめでとう!なんてかわいいんだ」「画面越しでもうれしさが伝わってくるね」「私の気持ちを代弁してくれているようだ」「笑わせてくれてありがとう」などのコメントが寄せられていた。

また、「隔離された後の喜びとはこんなにも単純」「刑期が満了して出所するのと同じような感じだな」「私も外出できるようになったら、この人よりもっと上手に踊るね」という声もあった。

他には、「お茶目すぎるだろう。でもやっぱり外出は控えるべき。みんな家の中に閉じこもっているのだから」「隔離は終わるが、中二病は続くようだ」などのコメントもあった。(翻訳・編集/山中)

Record China
https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=781854&ph=0&d=0062

2月17日(月)18時40分

https://youtu.be/ea4LGBVmp38
https://i.imgur.com/QqfIMTc.jpg

【中国】全人代延期へ 新型肺炎で異例措置―習氏に打撃[2/17]

【北京時事】中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会委員長会議が17日、北京で開かれ、3月5日に開幕予定の第13期全人代第3回会議の延期が提案された。憲法で「国家の最高権力機関」とされる全人代の延期は極めて異例。習近平国家主席は、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中、全国から多数の高官らが北京に集まる全人代の開催を強行すれば、さらに感染が拡大する恐れがあると判断した。
 国営新華社通信が伝えた。新型肺炎は収拾のめどが立っておらず、党・政府各機関が対応に忙殺される中、延期は不可避とみられてきた。習氏は、初動の遅れを批判されており、全人代の延期は大きな打撃となることが避けられそうにない。4月上旬で調整中の習氏の国賓としての日本訪問の日程も変更を余儀なくされることになりそうだ。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021700771&g=int
時事ドットコム 2020年02月17日17時07分

【シンガポール】教会で新型コロナウイルスの感染拡大、主任牧師含め16人[2/16]

シンガポール保健省は15日、新型コロナウイルスの同国内の感染者が同日正午までの時点で72人になったと発表した。この内、グレース・アセンブリー・オブ・ゴッド教会での感染者は16人に上り、同国で最大の感染地となっている。感染者にはウィルソン・テオ主任牧師も含まれており、同教会は会堂を閉鎖するとともに、礼拝を含むすべての活動を2週間中止する対応を取っている。

保健省の発表(英語)によると、この他、5人の感染者がシンガポール・キリスト・ライフ教会と何らかの関係があり、同教会も感染地の可能性がある。また感染者の中には、他にも別の2つの教会の礼拝に参加していた人もおり、今後、他の教会からも感染者が出る可能性がある。

グレース・アセンブリー・オブ・ゴッド教会のテオ牧師は13日、教会のホームページ(英語・中国語)で、新型コロナウイルスの影響により、12日から礼拝を含むすべての活動を2週間中止すると発表。自身も11日から国立感染症センター(NCID)に入院しており、検査で陽性となったことを明かした。

テオ牧師は「教会にとって非常に苦しい時」とする一方、自身は回復に向かっていると説明。「完全に回復し、このウイルスをめぐるグレース・アセンブリーの闘いを皆さんと分かち合えることを期待しています。そうです。私たちは、キリストにあって勝利者です。このウイルスが私たちに打ち勝つことはできません」と述べ、教会員らを励ました。

同教会は、礼拝や諸活動を中止するだけでなく、感染拡大防止のため、国内に2つある会堂も14日から25日まで閉鎖する。礼拝は、2月29日、3月1日の週末から再開する計画だという。

同じく、感染者が出ているシンガポール・キリスト・ライフ教会も、現在は礼拝を含むすべての集会を中止。礼拝や日々のメッセージは、ネット配信で対応している。

カトリック教会のシンガポール大司教ウィリアム・ゴーは14日、新型コロナウイルスをめぐる司牧書簡(英語)を発表。「カトリックとして、われわれは、人が多く集まる集会を避けることで、このウイルスの拡散防止においてなすべき責任がある」とし、一般に公開されるすべてのミサ、また人が多く集まる各種集会を15日正午以降、無期限で停止するとした。その上で信者に対しては、日曜日にはユーチューブやラジオで配信するミサの放送を視聴したり、各家庭で聖書の朗読と祈りの時を持ったりするよう勧告した。

この他、シンガポールのストレート・タイムズ紙(英語)によると、同国内では、礼拝を期間限定で中止する教会もあれば、体温測定を実施したり、万が一感染者が出て追跡が必要になった場合に備え、礼拝出席者の連絡先を確認したりして、礼拝を行っている教会もある。

シンガポールでは7日、感染症の警戒レベルが、2003年の新型肺炎「重症急性呼吸器症候群(SARS)」流行時と同じ、4段階で上から2番目の「オレンジ」に引き上げられた。15日正午時点で、感染が確認された72人以外にも、107人が検査の結果を待っている状態で、今後さらに感染者が増える可能性もある。一方、これまでに感染者のうち18人が退院しており、感染の可能性があった人のうち、812人が検査で陰性となっている。

https://www.christiantoday.co.jp/articles/27718/20200216/coronavirus-16-including-pastor-infected-in-church-singapore.htm
クリスチャントゥデイ 2020年2月16日20時23分

【日韓】GSOMIAを破棄すべき? 韓国世論調査の結果は=韓国ネット「日本に圧力を加えるために…[02/17]★5

2020年2月17日、韓国・ニュース1は「日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄について賛否が分かれる中、世論調査では反対が賛成をやや上回った」と伝えた。

韓国の世論調査機関・リアルメーターが14日、全国の有権者504人を対象に調査を行った結果、「日本の態度変化がないためGSOMIAを破棄しなければならない」との主張について、44.9%が「十分待ったのでもう破棄すべき」と回答。

一方「まだ終了してはならない」との回答は37.9%で、7%の差が出たという。

この結果に韓国のネットユーザーからは多くのコメントが寄せられているが、破棄賛成派の意見としては

「日本の態度は少しも変化していない。むしろより敵対的になっている。そんな日本となぜ重要な軍事情報を共有しなければならないのか」
「独島(日本名:竹島)を日本領と主張したり、経済侵略をしたりする日本。いつ韓国に攻め入るか分からない」

などが見られた。一方、反対派の意見としては

「GSOMIAは我々の唯一の武器。駆け引きの際の大きな財産になる。賢く運用してほしい」
「日本に圧力を加えるためにそのカードは持っておくべき」
「日韓の安保協議の維持は国防の義務。日米韓同盟は絶対に崩してはならない」
「日本との関係が悪化すれば米国との関係にも影響が出る。それで得するのは北朝鮮と中国だけ」などが寄せられている。

また、「質問がおかしい。賛成を誘導しているように感じる」と指摘する声も見られた。

2020年2月17日(月) 17時30分
https://www.recordchina.co.jp/b782117-s0-c30-d0058.html
※前スレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1581944575/
おいこら!!

【KBS】米経済紙 新型コロナウイルスへの韓国政府の対応を評価 西欧の多くの国々から「個人のプライバシー侵害」と指摘[2/17]

新型コロナウイルスの感染拡大が続いているなか、韓国政府は感染者の移動経路を速やかに公開するなど、国民の不安の解消に努めていると評価されました。
アメリカの経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」が現地時間の16日、報じたところによりますと、韓国の保健当局は感染者のクレジットカードの利用明細、防犯カメラの映像、スマートフォンの位置情報、公共交通機関の利用履歴、出入国情報などのデーターをもとに、感染者の行動ルートや時間などの情報を国民に公開しているということです。
また韓国は、中国の周辺国のうち6番目に感染者が多く出ていますが、集中治療を受けている重症患者はいないと伝えました。
なかでも、中国などほかの国々も感染者の移動経路を追跡しているが、韓国政府は、国民に公開する情報がより具体的だという点で際立つと評価しました。
また中国から韓国に入国する人に対して、政府のモバイルアプリケーションをダウンロードさせ、健康情報を毎日報告させるほか、もし2日間、報告がなければ、政府から連絡をかけ、所在を追跡しているということです。
感染者は、個人情報を収集されるということを告知され、最近の移動経路が公開されますが、拒否することはできないということです。
これについてウォール・ストリート・ジャーナルは、「感染者の追跡に21世紀的なデジタル手段を駆使していて、公衆保健の面で非常に興味深い」と評価する専門家の声を伝えましたが、韓国のこうした措置は西欧の多くの国々から「個人のプライバシー侵害」という論争を呼ぶ可能性があると指摘しました。
ウォール・ストリート・ジャーナルは韓国政府が5年前にMERS=中東呼吸器症候群が流行した際、情報開示で批判を受けた経験から、今回は関連情報を速やかに公開していると説明しました。

http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=74888
KBS Write: 2020-02-17 15:07:54/Update: 2020-02-17 16:46:17