【米韓会談】トランプ大統領「韓国はお得意さまだ」 文大統領、米韓不協和音をカネで抑え込みへ[9/24]

文在寅氏、米韓不協和音をカネで抑え込み
2019/09/24 19:19

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の文在寅大統領がトランプ米大統領との会談で真っ先に持ち出したのは、米国産液化天然ガスの輸入拡大などカネの話だった。北朝鮮との対話が滞り、日本との対立で日米韓の安全保障協力が揺らぐ中、トランプ政権は在韓米軍の駐留経費問題で大幅な増額を突き付けている。カネでトランプ氏の歓心を買うしかない文氏の苦しい立場がにじむ。

 文氏は会談冒頭、「(次の)米朝首脳会談が実現すれば、世界史的大転換になる」と対北対話でのトランプ氏の指導力を称賛した。続けて韓国企業の対米投資の増加や液化天然ガスの追加輸入決定などを列挙し、「これら全てが韓米同盟をより強固に発展させると信じている」と強調した。

 トランプ氏は「韓国は軍事装備購入でお得意さまだ」と述べ、兵器の追加購入が会談の中心議題の一つになることを予告。韓国大統領府によると、文氏が実際に米国からの過去10年間の兵器購入実績と今後3年間の購入計画を説明した。

 これは24日からソウルで始まった在韓米軍の来年以降の駐留経費をめぐる米韓当局間の交渉で米側から法外な負担を迫られることを牽制(けんせい)するためだ。今年分は前年比8・2%増の1兆389億ウォン(約935億円)で合意したが、米側は合同軍事演習や戦略兵器の韓国展開費用も上乗せし、5倍以上の50億ドル(約5380億円)を求めていると報じられている。会談で文氏は「合理的な水準の公平な分担」を強調したという。

 会談では南北経済協力事業の開城(ケソン)工業団地や金剛山(クムガンサン)観光再開問題が取り上げられなかった。文氏が優先したい事業を封印し、トランプ氏が関心を持つ議題に絞った格好だ。その結果、日米韓の安保協力を揺るがし、米側から不満が噴出していたGSOMIA破棄決定への言及もなく、「韓米同盟は今後も揺るがない」との言質を取り付けた。

 米韓の不協和音を静めるのにはひとまず奏功したといえそうだ。ただ、米軍駐留経費問題は、将来の日本や北大西洋条約機構(NATO)加盟国との交渉にもかかわるだけに、米側の大幅譲歩は想定しにくい。
https://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/sankei-wor1909240036.html

【朝鮮日報】 文正仁特補 「文大統領は安倍首相に疲れを感じて諦めかけているようだ」 [09/24]

韓国の文正仁(ムン・ジョンイン)大統領特補(統一・外交・安全保障)が、「歴史問題が解決しなければ韓国との協力は難しいと主張を繰り返す安倍晋三首相に対し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は疲れを感じ、諦めかけているようだ」と語った。

文特補は朝日新聞が23日に掲載したインタビューでこのように語った。

文特補は「日本も韓国も、相手をたたくと人気が出る構造」だとして、「相手に融和的な態度をとると国内政治で難しい状況に陥る。だから強い姿勢に出る」と語った。

また過去史問題に関して、日本ではいつまで謝罪しなければならないのかという疲れが、韓国では心からの謝罪はなかったという認識が強いことについて「それが問題の本質」と語った。

一方、自民党の額賀福四郎・日韓議員連盟会長は、日帝強占期強制徴用被害者に日本企業が慰謝料を支払うべきという韓国大法院(最高裁に相当)の判決について「日本企業に負担を与えることには応じられない」と語ったと伝えられている。

額賀会長は22日、日本のテレビ番組に出演して「(1965年の)請求権協定で(賠償問題は)完全かつ最終的に解決した状態。韓国政府が処理する形になるべき」だとして、このように発言した。

2019/09/24 10:20
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/24/2019092480050.html

【韓日経済人会議】 ソウルで開幕=「関係修復の必要」[9/24]

【ソウル聯合ニュース】韓国と日本の企業トップらが一堂に会する「韓日・日韓経済人会議」が24日、ソウル市内のホテルで開かれた。25日までで、両国から約300人が出席した。出席者らは両国の対立が深刻化している状況に懸念を示し、経済はもちろん政治・外交分野などでの関係修復が必要との意見を示した。

会議を日本側と共催した韓日経済協会の金ユン(キム・ユン)会長は「両国は宿命的な隣人として互いを深く理解し、世界市場で善意の競争や最大限の協力を通じて共存共生すべきだ」と述べた上で「意思疎通や協力が不可欠だ」と強調した。

 日韓経済協会の佐々木幹夫会長も両国関係の修復が必要との認識を表明。両国の互恵的な経済関係の維持・発展策として▼第三国での協力▼人材・文化交流▼次世代のネットワーク・地域交流活性▼東京五輪・パラリンピック成功への協力――などを提言した。

 韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長(次官級)はあいさつで、「韓国と日本は自由民主主義や市場経済体制という基本的な価値を共有する国として、世界経済の持続可能な成長のため、今後も手を握り合って協力していかねばならない隣人」として、「韓日関係が全般的に困難であっても交流・協力は揺るぎなく継続しなければならない」と述べた。

 25日には共同声明の採択や共同記者会見が行われる予定で、どのような立場が示されるか注目される。

 会議は両国の経済協力の促進などを目的とし、1969年から毎年交互に開かれてきた。今年は当初、5月に開催される予定だったが、両国関係の悪化などで延期していた。湾岸戦争が起きた1991年、東日本大震災が発生した2011年、韓国大統領選があった17年も延期されたが、両国の関係悪化を理由に延期されたのは今回が初めて。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190924003600882?section=economy/index
聯合ニュース 2019.09.24 15:45

https://i.imgur.com/og4sbcK.jpg
韓日経済人会議で記念撮影する金氏(中央)や佐々木氏(右から3人目)ら=24日、ソウル(聯合ニュース)

【ICAO総会開幕】台湾参加を支持する声続々 外交国12カ国や日・英など支持[9/24]

(台北 24日 中央社)国際民間航空機関(ICAO)の第40回総会が24日、カナダ・モントリオールで開幕した。中国の圧力により台湾は招請されなかったが、台湾の参加を支持する声が各国から上がっている。外交部(外務省)によれば、外交関係を結ぶ12カ国がICAOに書簡を送った。このほか、日本や英国、ドイツ、オーストラリアがSNSで台湾支持の姿勢を示した。

外交部は24日、報道資料で「政治的要素によって再び招請されなかったのは非常に遺憾」だとしつつ、台湾の参加を支持する声が従来より多く寄せられていることに感謝の意を示した。

同部によれば、ICAOに書簡を送った外交関係国は、ベリーズ、グアテマラ、ハイチ、ホンジュラス、ナウル、マーシャル諸島、パラオ、セントルシア、セントクリストファー・ネイビス、セントビンセント・グレナディーン、エスワティニ、ツバル。

また、フランスで4月に開かれた主要7カ国(G7)外相会合の共同声明では、「国際的な航空コミュニティーの全ての活動的なメンバーのICAOへの実質的参加を支持する。政治的目的のために一定のメンバーを排除することは航空の安全および保安を傷つける」と明記されたことに言及。米国やカナダ、英国、スウェーデンの行政機関からもさまざまな形で台湾の主張を支持する立場が示されたと紹介した。

日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会は24日、フェイスブックページを更新し、ICAO総会の開催に触れた上で、「日台間で多数の定期直航便が運航されている現状などに鑑み、国際民間航空の安全かつ整然とした発展を確保するという実務的な観点から、日本としては、台湾が何らかの形でICAO総会に参加することが望ましいと考えています」と投稿した。

ICAO総会は3年に1度開催される。台湾は1971年の国連脱退以降排除されていたが、対中融和路線の国民党・馬英九前政権下の2013年にはゲスト参加を果たした。独立志向を持つ民進党・蔡英文政権が発足した16年以降は招かれていない。

(侯姿瑩/編集:楊千慧)

http://mjapan.cna.com.tw/news/apol/201909240006.aspx
中央社フォーカス台湾 2019/09/24 17:46

https://i.imgur.com/n4AxRto.jpg
ICAO総会開幕 台湾参加を支持する声続々 外交国12カ国や日、英など=ICAOのフェイスブックページから

【社会】市民(日本コリア協会)が道行く人らに呼び掛け「嫌韓をあおるのはやめよう」「仲良くしようよ」★2[9/24]

「差別なんて、いらない」
「仲良くしようよ」―。

日韓の政治的対立が激しくなる中、「日本コリア協会・高知」(下司孝之会長)の会員らが23日、高知市帯屋町1丁目のグリーンロードで「嫌韓をあおるのはやめよう」と道行く人らに呼び掛けた。

 「日韓連帯アクション・高知」と題し、協会員や市民有志ら約20人が、日本語と韓国語で「いっしょに生きていく」などと書かれた自作のプラカードを掲げて集合。

「市民同士で憎しみ合う必要はない」「草の根では友好を続けよう」と約半時間、マイクで訴えた。
https://www.kochinews.co.jp/sp/article/311014/


https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1569318791/

【神戸新聞】日韓対立余波、姫路城にも 8月の外国人入城者、全体で25%増も韓国人は3割減[9/9] ★2

https://i.imgur.com/cLoY8PQ.jpg

兵庫県姫路市がまとめた世界文化遺産・国宝姫路城の8月の入城者数で、韓国人客は前年同月より約3割少ない1365人だった。外国人入城者が大きく増えている中での落ち込みで、元徴用工訴訟問題や輸出管理厳格化などを巡る日韓の対立が影響しているとみられる。

 同市姫路城管理事務所は、チケットの確認時に手渡す言語別の案内資料などで入城者の内訳をまとめている。集計によると、8月の外国人入城者は3万5920人で、前年8月と比べて7014人(24・3%)増加した。

 これに対し、韓国人客は前年同月の1945人から580人(29・8%)減と大きく落ち込んだ。4~7月も、外国人客全体が25%近く伸びる一方で減少傾向にあり、マイナス幅は8・7%だった。

 日韓は7月以降、日本側の輸出管理厳格化や韓国側の軍事情報包括保護協定の破棄決定など対立が深刻化。同事務所は「入城者数は月ごとにばらつきがある」としつつ「関係悪化の影響が出始めている」とみる。

 姫路城近くの土産物店の女性店員によると、7月下旬ごろから韓国のツアー客が目に見えて少なくなったという。「国と国の関係が一般市民の観光に影響しているとしたら残念」と話した。(小川 晶)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000007-kobenext-soci
9/9(月) 18:58配信 記事元 神戸新聞NEXT

★1が立った日時 2019/09/09(月) 23:59:04.21
※前スレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1568041144/

【朝日新聞】日本政府は関係悪化を背景に、韓国軍を招待しなかったことを事実上認める…日韓の防衛協力の足並みがまた一つ乱れた[9/24]

10月14日に相模湾で開かれる海上自衛隊の観艦式に、日本政府が韓国海軍を招待しなかったことが明らかになった。
菅義偉官房長官は24日の記者会見で、「日韓関係は非常に厳しい状況が続いており、韓国を招待するための環境は十分に整っていない」と明言。
元徴用工問題に端を発した日韓関係の悪化を背景に、招待しなかったことを事実上認めた。

日韓の防衛協力の足並みがまた一つ乱れた格好だ。

 海自トップの山村浩・海上幕僚長は24日午後の定例会見で、韓国の不参加とともに、米国、英国、カナダ、シンガポール、豪州、中国、インドの友好7カ国が参加すると発表した。中国は初めての参加。

 韓国国防省の報道官は24日、観艦式への不参加について、招待状が日本側から届いておらず、「主催者側で決める事案であるため、行かないことに決めた」と理由を述べた。
https://www.asahi.com/articles/ASM9S4FQKM9SUTFK00Z.html

【文在寅大統領・不在】『鬼の居ぬ間にというより、馬鹿の居ぬ間に』と囁く人も![9/24]

2019年9月24日と25日、ソウルで、日韓経済人会議が行われる。文在寅大統領は、アメリカで行われる国連総会に出席のために不在だ。『鬼の居ぬ間にというより、馬鹿の居ぬ間に』と思わず本音を囁く韓国側関係者も複数いる。

 たまたま日程が重なっただけかもしれない。しかし、韓国の経済人たちは、賢明な選択をしている気がしてならない。経済を政府に任せていると、自分たちの経済が立ち行かなくなるからだ。

 現在、日韓関係は戦後最悪とされている。半導体産業をはじめとする相互補完体制や第三国での資源・インフラ共同開発など、両国経済にとっての共通利益を確認するのが、この会議の主旨だ。

 利益につながるとならば、GSOMIAの破棄など政治的逆風に関係なく、協力深化の道を模索するいい機会となる。最終日には、共同声明採択を目指している。両国の関係改善に向けての、政府間に左右されない力強いメッセージ発信が期待される。

 両国関係悪化の背景には、韓国の対日貿易依存度の低下といった構造的な問題も指摘されている。反面、日本の素材・部品メーカーは、韓国を含めた海外生産を加速させている。二国間の輸出入だけでは推し量れない相互補完関係が構築されているとも言える。会議では、こうした点を踏まえ、民間としての日韓経済協力の重要性が確認される。

 そんな重要なときに、文大統領の不用意な発言は忌むされるべきものだ。両国の国民は賢い。政治のどろどろの部分をすり抜けて、自分の利益になる選択を今しようとしている。

【編集:RO】

http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=5904&&country=1&&p=2
-Global News Asia- 2019年9月24日 0時00分

【脱南】財閥企業をはじめとする韓国の有力企業が、従来にも増して海外進出を積極化…文政権が経営リスクに[9/24]

韓国の有力企業が「祖国脱出」積極化、文政権が経営リスクになっている
2019年09月24日 06時00分 ダイヤモンドオンライン

■韓国の有力企業が海外進出を積極化

 現在、財閥企業をはじめとする韓国の有力企業が、従来にも増して海外進出を積極化しているようだ。この動きの背景には、米中の貿易摩擦などの影響から世界的にサプライチェーンが混乱していることに加え、筋金入りの左派政治家である文在寅(ムン・ジェイン)大統領が労働組合寄りの経済政策を進めていることにもある。

 これまでの韓国経済の発展を振り返ると、保守派政権が財閥企業などを育成してきたことが重要な役割を果たしてきた。保守政権の下で財閥企業が迅速かつ大規模に設備投資を行い、輸出競争力を高め世界市場でのシェア獲得することを支えた。その環境があったからこそ、サムスン電子などは韓国国内に大規模な生産設備を設け、半導体やスマートフォンで世界のトップシェアを手に入れることができた。その意味では、財閥企業の成長が韓国経済の発展を支えた大切な要素だったことは間違いない。

 しかし、文大統領の政策はこれまでの保守派政権とは逆に、むしろ財閥企業の経営を締め付けている。文氏は世論の動向を見つつ、自らの支持獲得につながる主張を繰り広げてきた。そのひとつとして、同氏は、企業の収益状況を無視して大幅に最低賃金を引き上げ、有力企業に対し縛りを強化することで経営体力を奪ってしまった。

 その状況は、各企業にとってはかなり厳しいと言わざるを得ない。世界市場で戦う有力企業が、より自由な経営環境を求めて海外に生産拠点などを移すのは、当然の動きといえるだろう。文大統領は、経済成長にとって最も重要な企業の信頼を失ってしまったようにみえる。
https://news.nifty.com/article/magazine/12126-413976/

【毎日新聞】日韓関係は戦後最悪 「朝鮮人だからいじめるんですか」★2[9/24]

●あの子の涙

日韓関係は戦後最悪という。

韓国からの観光客は激減し、日本でのキャンプを中止する韓国プロ野球チームも。

徴用工問題に端を発する両国の摩擦は、解消に向かう兆しさえ見えない。

韓国・朝鮮に関する問題を考える時、よく思い出す光景がある。

大阪にいた小学6年の時だった。

「朝鮮人だからいじめるんですか」。

教室で泣きながら同級生全員に訴えた女の子がいた。

毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190924/ddg/041/070/008000c


https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1569316688/