【聯合ニュース】対日関係「未来志向発展の意志明確」 韓国外相[5/2]

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は2日、韓国メディア向けの記者会見で行った冒頭発言で、「徳仁天皇の即位により新しい時代を迎えた日本とは歴史を直視する中で、未来志向の関係発展を持続的に推進していく」として、「韓日関係の未来志向の発展に対する政府の意志は明確だ」と述べた。

康氏は「韓日の間では歴史問題による困難が続いているが、昨年は史上初めて年間1000万人を超えた人的交流にみられるように、両国関係のすそ野はいつにも増して広い」として、「韓日関係の改善に向けたモメンタム(勢い)をつくれるよう、外交当局間の対話を続けていく」との姿勢を示した。

北朝鮮の非核化問題を巡る交渉に関しては、「2月にハノイで開かれた朝米(米朝)首脳会談が合意なく終わって以降、多少小康状態にあるが、非核化や平和に対する変わりない南北・米の首脳の意志に基づき、外交努力は水面下で引き続き進められている」と述べた。

 また、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が4回目の南北首脳会談の開催意思を示したことを取り上げ、「われわれの役割が一層重要になった」として、「こうした外交努力を通じ、早期の北との対話再開を模索する一方、非核化で実質的な進展を成し遂げるよう引き続き努力していく」と述べた。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190502001100882?section=japan-relationship/index
聯合ニュース 2019.05.02 10:54

https://i.imgur.com/yz48IPk.jpg
記者会見を行う康京和長官=2日、ソウル(聯合ニュース)

【中央日報】 我々全員が日本の「反省」を念願すべきなのか 本当に心配すべきことは日本の表情をうかがうことだ [05/02]

※ドイツ、ドイツ、とにかくドイツ(で割愛=ソース元参照)

現在、欧州でドイツの地位は圧倒的だ。第2次世界大戦戦勝国の英国は国内総生産(GDP)や1人あたりの国民所得でドイツより20%ほど低い。天国のウィンストン・チャーチルは涙を流しているかもしれない。

フランスも自国のことで精一杯だ。ギリシャ財政危機、ウクライナ紛争、シリア難民流入などの欧州の主要懸案に率先するのはいつもドイツだ。

英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)条件もドイツが受諾するかどうかにかかっている。戦後復興作業と統一に莫大な費用を使いながらも70年でこのように地域の盟主になった。

ドイツが欧州で事実上の「ワントップ」になったのはもちろん経済力のおかげだ。ところがドイツがナチスに対してあいまいな態度を取ったり軍国主義復活に向かう姿を見せたとすれば、今の権力を持てただろうか。

おそらく周辺国がどうにかしてドイツの国際的影響力を減らし、「教養のない孤立した成金」になっていただろう。

それで少し考え方を変えれば日本の「歴史挑発」は幸いだ。戦犯の位牌がある靖国神社に首相と閣僚が参拝して供物を奉納したからといって激しく批判する必要はない。静かに指摘しながら一つずつ書き残しておけばいい。

本当に心配すべきことは欧州の国がドイツに対してするように、我々が経済・外交・安全保障のために日本の表情をうかがうことだ。日本が立ち止まり、我々が頑張って走ってここまできたが、再び遅れを取ることはできない。

日本では新天皇が即位し、「美しい調和」という意味の令和時代が開かれたと祝っている。その言葉のように世界の調和のために日本政府が右傾化から抜け出して周辺国に未来志向的な態度を見せればどうだろうか。

いつもしかめっ面をしている隣人が突然笑顔で近づいてくる時のようにむしろ気味が悪いかもしれない。それでも拒むことでもない。少なくとも日本に怒ることを愛国の証票とし、「土着倭寇」容疑の反証とする我々の内部の幼稚な消耗戦から抜け出せるのだから。

2019年05月02日09時01分
https://japanese.joins.com/article/963/252963.html?servcode=100&sectcode=120

【朝鮮日報】三種の神器 韓国の檀君神話には剣・鏡・鈴が…(とってつけた話) 嫌韓感情の触発は謝罪要求が定説[5/2]

2000年6月に明仁天皇=当時=の母親・良子(ながこ)皇太后(香淳皇后)が死去した時、17もの行事による葬礼儀式が40日間にわたり行われた。日本のメディアはすべての行事を報道したが、神道式の祭祀だけは報道陣が近寄ることが許可されなかった。何か秘密めいた儀式が行われたとの推測があっただけだった。日本の天皇家は数少ない世界の王室の中でも最も秘密に包まれている。

 天皇は国の象徴であり、神道という国家宗教の最高の祭祀(さいし)長だ。天皇が執り行う数十種類の祭礼の中でも「大嘗祭」と呼ばれる祭祀は最も謎に包まれた秘儀とされている。宮の奥の部屋で天皇が1人で一晩を明かし、口伝だけで伝えられてきた特別な儀式を行うことで知られている。現人神(あらひとがみ)として君臨していた天皇だが、1946年に昭和天皇が神格を否定する、いわゆる「人間宣言」をしたことで地に降りた。だが、それでも今もベールに包まれたままだ。

 韓国の檀君神話には、桓雄が天帝から受け取ったという天符印、すなわち剣・鏡・鈴が出てくる。韓国では神話的な想像だが、日本には伝説の「三種の神器」が実物として存在している。天孫降臨で天照大神が与えたという剣・勾玉(まがたま)・鏡だ。未来学者アルビン・トフラー氏はこの3つを暴力・富・知識と解釈したこともある。天皇家はこれを天孫の証拠だとして代々継承してきたと主張している。

 昨日即位した新天皇も「三種の神器」を受け継ぐことで皇位継承を公式化した。明仁上皇の退位式には3つのうち剣と勾玉が登場したが、布に覆われて実物を確認できなかった。数千年間存在しているという「三種の神器」だが、一度も実物が公開されたことがない。12世紀の内戦時に水葬されたという推測や、天皇すら見ることができないという話まである。日本の皇室は古代神話と宗教、神秘主義が合わさった不可思議な存在だ。

 あるフランスの学者は、天皇のことを「すべてがその周囲を回る神聖な無だ」と表現した。穴のように実権のない存在だが、日本全体が天皇を中心に回っているという意味だ。天皇に対する日本人の忠誠心を想像するのは難しい。日本人の嫌韓感情が触発されたのも、韓国で天皇に対する謝罪要求が出てきてからだというのが定説だ。この秩序整然としながらも、内面が複雑で不思議な国とうまくやっていくのは決して容易なことではない。

朴正薫(パク・ジョンフン)論説委員

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/02/2019050280048.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/05/02 10:13

【韓国】「日王?東海への執着と同じく時代錯誤の反日コンプレックス」[05/02]

■ 自由右派『行動する自由市民』共同代表、イ・ビョンテKAIST教授が主張

自由右派の市民政治団体、『行動する自由市民』の共同代表であるイ・ビョンテKAIST(韓国科学技術院)経営大学教授が、我々が『日王(イルワン』と呼ぶのは東海(トンヘ)名称の執着と同様、時代錯誤の反日コンプレックスを反映していると批判した。

(写真)
https://imgnews.pstatic.net/image/005/2019/05/02/611111110013279764_1_20190502083402177.jpg
▲ イ・ビョンテ教授

イ教授は2日、自身のFacebookに「日皇(イルファン)か日王(イルワン)か?」というタイトルのコメントを寄せ、日王と言い替えるのは間違っていると主張した。

彼は、「ナポレオンはフランスの皇帝だったのか王だったのか、ローマ、ロシア、中国の過去の皇帝は王なのか。英語でEmperor(皇帝)を用いる国とKing(王)を用いる国を使い分けているが、我々は異なる呼び方をしている」とし、「(我々は)唯一、日本の立憲君主制に対してのみ日王を使う」と述べた。

(キャプチャー)
https://imgnews.pstatic.net/image/005/2019/05/02/611111110013279764_2_20190502083402187.jpg
▲ イ・ビョンテ教授のFacebook

イ教授は、日本はもちろん、世界中が『日皇』と呼んでいるのに我々だけが日王と呼んでいるのは、(我々の)コンプレックスが加味された二重基準が存在するからであると分析した。続けて、日王と呼ぶのと東海名称に執着するのは同じ脈絡であると述べた。

彼は、「東海名称も同じく、この時代錯誤的な反日コンプレックスには終りがない」と述べた。

(写真)
https://imgnews.pstatic.net/image/005/2019/05/02/611111110013279764_3_20190502083402202.jpg
▲ ナルヒト日王

ナルヒト新日王は1日、東京の皇居内の迎賓館で即位式を行って王位に就いた。 引き続き国民を代表する閣僚などに会う朝見の儀式を行い、「国民の幸せと国の一層の発展、世界の平和を切に希望する」と明らかにした。日本ではナルヒト日王の即位と共に、レイワ(令和)時代が始まった。

ソース:NAVER/国民日報(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=005&aid=0001195157

【水曜集会】韓国の小学生が「日本の野郎ども」と連呼する慰安婦デモ密着[5/2]

建て替えのため空き地になっている韓国・ソウルの日本大使館跡地。大通りを挟んだ反対側には「慰安婦像」が設置されたままになっており、日本政府に慰安婦問題での謝罪や補償を求める抗議デモ「水曜集会」の“聖地”となっている。そのデモは「令和」になっても続きそうだ。韓国在住ジャーナリストの藤原修平氏が、1384回目となる水曜集会の現場を取材した。

 * * *
「日本政府は、謝罪しろ、謝罪しろ、謝罪しろ!」

 4月24日(水)の昼過ぎ、ソウルの日本大使館“跡地”前ではシュプレヒコールが響き渡っていた。慰安婦問題で日本政府からの謝罪を求める水曜集会が始まったのだ。慰安婦を象徴する少女像(慰安婦像)には花を編んで作った冠が被せてある。

 水曜集会とは1992年1月8日に始められた抗議デモのことで、毎週水曜日に行われることから名付けられた。当初の正式名称は「日本軍慰安婦問題解決の為の定期水曜デモ」であった。2017年2月1日から「日本軍性奴隷制問題解決の為の水曜デモ」に改名されて現在に至り、今回で1384回を数える。

 大学が中間テストの期間中のせいか、いつも参加者の多数を占める女子学生らの姿はなく、人数も普段の半分か3分の1程度。それでもざっと120人くらいはいるのだが、そのほとんどが小学校高学年だという。彼らは「日本政府は謝罪しろ」「世界の平和を願う」などと書いたプラカードを掲げ、嬉々としながら「謝罪しろ」を連呼している。その傍では付き添いの教師と思しき中年の男女数人が笑顔で拍手を送っていた。

 水曜集会は後半になると、参加グループの代表が歩道上に設けられた特設ステージに立つのが恒例。この日は小学生の代表が壇上に立ったが、一人の男子児童がハルモニ(元慰安婦のお婆さん)に宛てた手紙を読み始めると、会場はさらに盛り上がりを見せた。

「イルボンノムドゥル(日本の野郎ども)」

 そんな言葉が男子児童の口を突いて出てきた。水曜集会は日本政府への抗議活動の場であるが、それでも「イルボンノム」を使うのは珍しい。韓国語の「イルボン」は「日本」の意味。「ノム」は同じく「奴」とか「野郎」と訳されることが多いが、もっと強い「畜生」に近いくらいの蔑称でもある。喧嘩するときなどは「イノム(この野郎)」と言って相手を威嚇する。

 しかも手紙の朗読の間、通りすがりの人でも必ず一回はその言葉を耳にするほど、「イルボンノムドゥル」が散りばめてある。通りかかったビジネスマンの顔からは思わず笑みがこぼれていた。そして少年は続けた。

「ハルモニたちは日本軍からの性暴力に耐えてきました。それはかっこいいし、だからぼくも尊敬しています。ハルモニたちが日本の野郎どもから謝罪を受けるのは当然のことです」

続く。(エラーが出れば続きません。記事元にて) 

https://www.news-postseven.com/archives/20190502_1361688.html
NEWSポストセブン 2019.05.02 07:00

https://i.imgur.com/UlcPbk8.jpg
1384回目の「水曜集会」を盛り上げたのは小学生たちだった(筆者撮影)
https://i.imgur.com/CzrAA1P.jpg
白い仮囲いが日本大使館のあった場所。その奥に見えるのは移転先のビル背面(筆者撮影)

【朝鮮日報/記者手帳】1年で原点に戻った釜山の徴用工像問題[5/2]

https://i.imgur.com/R8DJomu.jpg

1日午前10時25分ごろ、釜山市東区草梁洞で「積弊清算社会大改革釜山運動本部」の「強制徴用労働者像建立特別委員会」は記者会見を開いた。釜山の日本総領事館前に5月1日までに徴用工像設置するための交渉が合意に至らなかったことに関する内容だ。マイクを握った特別委関係者は「今後は労働者像(徴用工像)の撤去と(設置交渉)合意の当事者である釜山市と銅像設置問題について直接交渉する」と述べた。これにより、過去1年間にわたり、設置場所をめぐって撤去・返還を繰り返してきた徴用工像の状態は原点に逆戻りしたことになる。

 徴用工像は本来、会見が開かれた鄭撥(チョン・ボル)将軍像周辺に設置されていた。昨年4月30日深夜に特別委は奇襲的に日本総領事館の通用門前にある「平和の少女像」(慰安婦少女像)のそばに設置しようとしたが、警察に阻止された。その後、特別委は約40-50メートル離れた場所に無断で設置した。それを黙認していた釜山市は昨年12月、撤去を強行した。特別委が日王(天皇)が即位する5月1日に徴用工像の歓迎集会を大規模に開く動きを見せたためだ。釜山市による撤去は違法な設置物に対する正当な行政執行だった。ところが、労働団体の全国民主労働組合総連盟(民主労総)が主導する特別委は4月15日から3日間、組合員を動員し、釜山市庁の一部を占拠して座り込みを行う抗議活動を展開した。

 違法デモに対する釜山市の反応は「白旗」だった。呉巨敦(オ・ゴドン)市長は公式謝罪し、「徴用工像を特別委側に返還し、5月1日までに市民100人による円卓会議で設置場所を決定する」と表明した。正当な法執行を自ら否定した行為だった。

 発表を受け、市議会と特別委は市議3人、特別委3人、市民団体代表2人の計8人で構成する「円卓会議推進代表団」を結成。100人の委員選定が代表団に委ねられた。しかし、市議会などは「中立的な人物で構成されるべきだ」と主張。特別委は「労働界中心に推薦すべきだ」と対抗し、対立が深まった。

 双方の溝は埋まらず、28日午後に予定されていた円卓会議は中止された。最終期限の5月1日を控え、4月30日には推進代表団も解体された。不法占拠に白旗を掲げ、合意を目指したプロセスは結局無駄になった。法律がないがしろにされ、正当な行政執行が笑い物にされた。特別委は集会で、「日本の責任を問おうという我々の努力を阻む者は第二の朴槿恵(パク・クンヘ)、朴正熙(パク・チョンヒ)であり、ナ・ギョンウォン(自由韓国党院内代表)だと警告する」と声を荒げた。結局徴用工像をめぐる論争は政府、釜山市、市議会が頭を下げ、特別委が勝ったゲームに終わった。

パク・チュヨン釜山取材本部長

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/02/2019050280007.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/05/02 08:31

【韓国政府のロビー活動】国連本部での会合で、日本海呼称めぐり応酬 韓国「東海、多くの地図に併記」[5/2]

米ニューヨークの国連本部で開催中の「地名専門家グループ」の会合で4月29日から1日にかけ、日本海の呼称をめぐって日韓が応酬を繰り広げた。「東海」呼称を求める韓国が提出資料で日本海に言及したことから、政治論争に発展。各国の地名の決め方の知識を共有するという会合の本来の目的からそれたものになった。

 会合での論争は、韓国が「東海ソサエティー」と称する団体のセミナーへの参加を呼びかける文書を参考資料として提出したことから始まった。セミナーは「朝鮮半島と日本列島間の海の呼称について、合意がないことの解決をめざして開始」し、昨年の議題は「両名併記」だったという。

 この文書について、川村泰久・国連次席大使は29日、「日本海が国際的に確立した唯一の呼称で、国連などの国際機関も使用している。この会合でプロパガンダを広めることは適切ではない」と指摘した。

 一方、韓国は「国際的に『東海』は広く使用されており、否定できない事実だ。かなり多くの地図の出版社も併記している」と反論。1日には「(二国間で)議論がある場合、両名併記は実現可能な解決手段だ」とする別の参考資料について説明した。

 これを受け、川村次席大使は「近年地図に両方が併記されているのは、韓国政府のロビー活動の結果だ」と指摘。すると韓国は、「『東海』を用いている出版社に大きな敬意を表する」と正当性を強調した。

 韓国は1992年以降、「日本海」の呼称は日本の植民地主義に起因するとして「東海」を用いるよう再三にわたり要請。国連事務局は2004年、公式文書では日本海を用いる方針を示している。(ニューヨーク=藤原学思)

https://www.asahi.com/articles/ASM5222B5M52UHBI003.html
朝日新聞デジタル 2019年5月2日09時53分

関連
【日本海呼称】韓国が「東海」セミナーの資料提出 日本は反論[4/30]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1556613060/

【話しても無駄】韓国政府が提案した中間段階の交渉に、ハリス駐韓米国大使「意味が分からない」[4/23] ★2

ハリス駐韓米国大使は22日、ベトナムのハノイで行われた2回目の米朝首脳会談の結果について「ハノイはノーディール(合意なし)かバッドディール(悪い合意)かが問題だった」とした上で「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が提示したディールには良い面がなかった」と指摘した。ハリス大使はこの日、就任後初めて韓国外交部(省に相当)担当記者団の取材に応じた。ハリス大使は「(金正恩氏の要求通り)制裁を解除してしまうと、大量破壊兵器は北朝鮮に残ったままになり、ほぼ全ての生産能力も残ってしまうだろう」「これはビッグディール(一括妥結方式)かグッド・イナフ・ディール(十分に良好な取引)かという選択の問題ではなく、トランプ大統領が正しい選択を行ったのだ」と説明した。文在寅(ムン・ジェイン)政権が提示した段階的非核化を意味する「グッド・イナフ・ディール」について事実上一蹴した発言と受け取られた。

 韓国政府が主張する「中間段階の交渉」に対する考えを尋ねる質問にハリス大使は「『中間段階』が何を意味するのか分からない。実際のところ非核化(が実現する)まで制裁解除はないが、韓国政府はこの『中間段階』について私と情報を共有しなかった」と指摘した。3回目の米朝首脳会談の見通しについてハリス大使は「対話の機会ができるかどうかは金正恩氏が決めることだ」「金正恩氏はハノイからたつ際、トランプ大統領が何を望んでいるか理解したと思う。トランプ大統領は『打ち返しやすい形』にしてボールを投げた」との考えを示した。

 「韓半島(朝鮮半島)情勢において韓国が孤立する懸念がある」との質問にハリス大使は「ロシアや中国も北朝鮮に対する制裁に参加しており、国連安保理常任理事国として共に制裁の内容を決めた。(韓国が孤立するとの見方に)同意しない」と反論した。ただその一方で「米日同盟と韓米同盟が存在するのだから、韓国と日本の間で何らかの意見の一致を見ることができれば、韓米日三角同盟も強化されるだろう」とも予想した。昨年の徴用工判決以降、韓日関係が悪化していることについて米国の懸念を遠回しに伝えたものとみられる。

金慶和(キム・ギョンファ)記者 , 外交部共同取材チーム

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/23/2019042380031.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/04/23 09:31

★1が立った日時 2019/04/23(火) 16:26:53.36
※前スレ
【話しても無駄】韓国政府が提案した中間段階の交渉に、ハリス駐韓米国大使「意味が分からない」[4/23]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1556004413/

【韓国】天皇に謝罪要求=慰安婦問題で抗議集会-ソウル★2[05/02]

 【ソウル時事】ソウルの日本大使館前で1日、慰安婦問題をめぐる水曜恒例の抗議集会が開かれた。

 韓国の女性団体代表はあいさつで「真に平和の時代を開こうとするなら、過去の誤りを正すこと、何よりも日本軍性奴隷問題での謝罪から始めなければならない」と天皇に求めた。

 この日の集会には市民ら数百人が参加、「日本政府は公式謝罪せよ」「法的賠償をせよ」などと気勢を上げた。また、慰安婦を象徴する少女像の隣に、全身を金色に塗り固めた劇団メンバーが座るなどし、パフォーマンスを繰り広げた。 

5/1(水) 19:56配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-00000089-jij-int
画像 1日、ソウルの日本大使館前の少女像(左)脇で開かれた慰安婦問題の抗議集会に参加する市民ら。右は全身を金色に塗り固めた劇団メンバー
https://amd.c.yimg.jp/im_sigglN9oyQPb2FGjYGrxpSdNZA—x900-y566-q90-exp3h-pril/amd/20190501-00000089-jij-000-8-view.jpg
2019/05/01(水) 23:45:48.47
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1556721948/

【ボルトン補佐官】今月訪韓へ 北朝鮮への制裁維持確認か 緩和を目指す韓国に、安易に妥協すべきではないとの立場を伝えるもの[5/1]

アメリカと北朝鮮の非核化に向けた協議が中断する中、今月、アメリカ政府の高官が韓国を訪問する方向で調整が進んでいることが分かりました。物別れに終わった2回目の米朝首脳会談以降、アメリカ政府の高官が韓国を訪れるのは初めてで、北朝鮮の制裁の緩和を目指す韓国に、安易に妥協すべきではないとの立場を伝えるものとみられます。

韓国政府の複数の関係者によりますと、ホワイトハウスで安全保障政策を担当するボルトン大統領補佐官が、今月28日から韓国を訪問し、大統領府のチョン・ウィヨン(鄭義溶)国家安保室長などと会談を行う方向で調整しているということです。

2回目の米朝首脳会談が物別れに終わって以降、アメリカ政府の高官が韓国を訪れるのはこれが初めてとなります。

また、これに先立ち今月8日からはアメリカの国務省で北朝鮮問題を担当するビーガン特別代表も韓国を訪問し作業部会を開くということです。

北朝鮮の非核化は、具体的な進展が見られていませんが、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は信頼醸成のためだとして、北朝鮮への制裁を緩和すべきだと強調しています。

これに対しアメリカ政府は、北朝鮮が非核化に向けた具体的な措置を取るまでは制裁を維持すべきだとしていて、ボルトン補佐官は改めてアメリカの立場を伝えるものと見られます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190501/k10011903541000.html
NHK 2019年5月1日 23時54分