【韓国】金浦空港のトイレで爆発物らしき物体発見される 爆発物処理班が出動し、容疑者を追尾中[04/28]

金浦(キムポ)空港国際線入国場で雷管のない類似の爆発物が発見され、警察が容疑者を追跡しているという。
27日、韓国空港公社と金浦空港関係者などによると、同日午後2時30分頃に金浦空港国際線庁舎1階の入国場トイレで、黒いカバンに乾電池数十個が電線のある偽爆発物が発見された。

このカバンは、トイレを掃除していた掃除婦が見つけ警察に通報した。
このトイレは国際線入国場とわずか20余りm離れた位置であり、偽の爆発物は、便器の裏に隠されていたことが確認された。
通報を受けて爆発物処理班(EOD)2人などを含めた警備員8人が緊急投入された。

カバンを回収した金浦空港EOD要員たちはレントゲン検査を通じてカバンの中に爆発物と疑われる物体を発見し、庁舎の外へ移動してカバン内の爆発物を取り出して処理した。
調査の結果、実際の爆発物ではないことが分かった。

ただ、最初にXレイを撮影したEOD職員らは、緊張するほど爆発物と似た形をしていたという。
類似爆発物は、アルカーラインの乾電池数十個が薄い電線で巻かれた状態で発見されており、その上にはコンパクトディスク(CD)の何枚が載っていたという。

空港関係者は「爆発を触発する雷管がなかっただけで、バッテリーにシリコンの様な物を塗り、電線を携帯電話と連結させておくなど、爆発物の構造を知っている人物仕業と疑われる」と伝えた。
誰が爆弾を仕掛けたのかはまだ確認されていない。
金浦空港警察隊は、事件をソウル江西(カンソ)警察署に移管し、警察は容疑者を追跡しているという。

(写真)
https://t1.daumcdn.net/news/201904/27/newsis/20190427211754670ualc.jpg
https://t1.daumcdn.net/news/201904/27/newsis/20190427211754768fgnv.jpg

https://news.v.daum.net/v/20190427211754436

【朝鮮日報】 2年前の文大統領 「金正恩が最も恐れる大統領になります。米国が最も信頼する大統領になります。」 [04/28]

2002年、新年を迎えた金正日(キム・ジョンイル)総書記は不安だった。01年の9・11テロに直面した米国は、北朝鮮・イラン・イラクを「悪の枢軸」と呼び、先制攻撃の可能性をちらつかせたからだ。00年の南北首脳会談、01年の江沢民国家主席訪朝などでつくり上げられた有利な情勢は瞬く間に覆った。

金正日総書記は02年8月にウラジオストクに向かい、ロシアのプーチン大統領と会った。続いて9月には日本の小泉首相を平壌に呼んだ。日本の支援を得ようと、「北が日本人を拉致した」と告白まで行った。

米国の圧迫に対応しようとしたら、韓国の「太陽」、中国の「血盟」だけでは足りないと考えた。安全保障の危機の際に味方の幅を広げるのは、外交の常識だ。

金正恩(キム・ジョンウン)委員長が4月24日ごろウラジオストクでプーチン大統領と会う、という報道が出回っているのは、この常識に基づくものだ。3月に安倍首相が日本人拉致問題解決のため「日朝首脳会談を実現させたい」と発言したのも聞き流せない。

ハノイ第2次米朝首脳会談が決裂した後、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と習近平国家主席だけを信じてトランプ大統領を相手にするのでは落ちぶれかねない、という懸念を抱いたことだろう。

02年に金正日総書記がそうしたように、ロシア・日本との接触面を広げようとする可能性は高い。米中日ロの4強外交が重要だというのは、韓国も北朝鮮も同様だ。

日本を嫌っている点では、中国も韓国に劣らない。1930-40年代の日中戦争で殺されたり傷ついたりした中国人は2000万人に上る。南京大虐殺では30万人が犠牲になった。習近平主席は14年、日中戦争の引き金となった「盧溝橋事件」77周年に合わせ、日帝を「日寇」と呼んだ。

寇とは外敵、盗賊を意味する。対日「歴史戦争」で味方を確保しようと、韓国にもボールを投げた。同年の訪韓時には「壬辰(じんしん)倭乱(文禄・慶長の役)で両国は共に戦った」と発言した。当時、中・日関係は回復困難に見えた。

そんな両国が、今では「友好」を誇っている。中国は01年のBSE(牛海綿状脳症)発生に伴って禁止していた日本産牛肉の輸入を再開すると決定し、日本は4月25日から北京で始まる「一帯一路」(新シルクロード)フォーラムに出席すると決めた。日本の外務省は「日中関係が正常化した」ともコメントした。

トランプ大統領が荒らして回る国際情勢の中で国益を守ろうと、古い感情は後ろに追いやったのだ。これも常識だ。

韓国の現政権の外交は、こうした常識を破壊している。最大の味方である米国との同盟から揺らいでいる。

文在寅大統領が「韓米は朝米対話の早期再開のため共に努力することとした」と表明した翌日、トランプ大統領は「(米朝対話を)急ぎたくはない。急ぐ必要はない」と発言した。

文大統領が要請していた開城工業団地と金剛山観光再開は面前で拒否された。民主主義と市場の価値を共有する日本との関係は史上最悪だ。光復(日本の植民地支配からの解放)以来70年以上たったのに、現政権はまだ抗日運動中だ。

中国に対しては、THAAD(高高度防衛ミサイル)問題で「THAADを追加配備せず」「米国のミサイル防衛(MD)に参加せず」「米韓日の3カ国軍事同盟化を行わず」という、いわゆる「三不」を約して主権まで譲歩したが、露骨に無視された。

国賓待遇で訪中した文大統領は「一人飯」する羽目になり、大統領特使は2度も下座に着いて習近平主席と会った。北朝鮮の核はそのままなのに、味方の拡大はおろか、今いる味方とも疎遠になっている。金正恩委員長が、北ばかり眺めて孤立する韓国を恐れるはずがない。

4月12日の施政演説で文大統領に向けて「出しゃばりの促進者、仲裁者のふりをやめろ」と言ったのは、なんとなく出てきた発言ではない。

文大統領は2年前、大統領選を控えて、ソーシャルメディアに「金正恩が最も恐れる大統領になります。米国が最も信頼する大統領になります。中国が最も信じるに値する大統領になります」と書き込んだ。今はどうか。

2019/04/28 05:04
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/26/2019042680142.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/26/2019042680142_2.html

【朝鮮日報】文-安倍に韓日関係の改善は望めない

 文在寅(ムン・ジェイン)政権が対北朝鮮、対米外交に没頭する間、韓国は国益をめぐる重大な損失を一つ忘れている。それは対日関係だ。文政権で韓日関係は過去最悪の状況に陥っている。文大統領は機会があるたびに『親日』を積弊(積み重なった弊害)と決め付けて攻撃し、反日へと国民感情をあおっている。強制徴用問題に司法が加勢し、全国民主労働組合総連盟(民主労総)が銅像問題で公権力を屈服させるなど韓国では時ならぬ反日ムードが盛り上がっている。

 何のためだろうか。まず大韓民国の建国勢力である李承晩(イ・スンマン)など右派政権の正統性を消し去り、文在寅政権に大韓民国臨時政府を継承する嫡子(ちゃくし)の地位に据えるための歴史の歪曲(わいきょく)が目的だ。そのためには過去の右派政権を親日、反統一分断勢力として売り渡す必要がある。文大統領が「パルゲンイ(共産主義者)」という言葉と「親日」という単語を同時に使う理由はそこにある。反日は歴史を消し去るための道具だ。

 扇動政治に長けた政治家はしばしば何かに反対することで国民的結束を狙う。誰かと親しかったり、何かを肯定したりするよりは、誰かを敵視し、何かに反対した方がはるかに刺激的であり、人を引き寄せる力があるためだ。あらゆるデモのスローガンが何かに、あるいは誰かに反対する「反」の文字で始まる理由はそこにある。

 韓日問題がこれほどまでに停滞する間、日本は北東アジアで大きく躍進した。日本はトランプ政権発足以降、米中関係が通商問題で足踏み状態となり、韓米関係が北朝鮮問題でぎくしゃくする間、そのすき間を縫って北東アジアの実力者に浮上している。文大統領が北朝鮮の「スポークスマン」と呼ばれる間、安倍首相は米国の「代行者」を務めた格好だ。

 先週ワシントンでは米日の外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)が開かれ、両国の密接な協調が如実に見て取れた。両国は北朝鮮をめぐり、FFVD(最終的かつ完全に検証された非核化)と対北朝鮮制裁の全面的履行を促すなど過去のいつよりもまして親密さと結束を強調した。トランプ大統領は日本を「インド太平洋戦略」の最も重要なパートナーと位置づけ、中国をけん制する防波堤として利用している。日本にF35ステルス戦闘機の気密を提供することを決めたとの報道もあった。安倍首相はわずか数カ月の間にトランプ大統領と3回も会い、個人的な関係を深めている。

 日本の河野外相は記者会見で金正恩(キム・ジョンウン)と安倍首相が会談する可能性を示唆した。河野外相は北朝鮮の核・ミサイル問題、日本人拉致被害者問題が処理されれば、北朝鮮との関係正常化も可能だと示唆した。日本には北朝鮮に供与することでほぼ交渉が妥結済みの100億-200億米ドル規模の「請求権資金」というえさがある。北朝鮮としてはこの資金が間違いなく大きな魅力だ。状況によっては、この資金が北朝鮮との取引を切り開くきっかけになる可能性がある。現在米国では文在寅政権のアイデンティティーに疑問の声がある。対北朝鮮制裁の解除に熱心な文大統領が果たしてどちらの味方なのかという批判があることを考えれば、米国は資金を握る日本を対北朝鮮交渉の代打に立てる可能性がある。金正恩にとっては「米国なき文在寅」が何の役に立つだろうか。経済的に窮地に追い込まれた金正恩としては、「米国なき文在寅」よりは米国をバックにした「カネがある安倍」の方を必要としているかもしれない。

※続きます。

ソース 朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2019/04/28 05:07
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/26/2019042680152.html

【外交】 日米首脳、蜜月『2時間』会談~米韓『2分』との差が浮き彫りに…トランプ氏、5月訪日決断のウラ[04/27]

https://www.zakzak.co.jp/images/news/190427/soc1904270010-p1.jpg
▲首脳会談で笑顔を見せる安倍首相(左)とトランプ大統領=26日、ホワイトハウス(ロイター)

 安倍晋三首相は26日午後(日本時間27日早朝)、ドナルド・トランプ米大統領とワシントンのホワイトハウスで会談した。北朝鮮の非核化や拉致問題、日米同盟の深化、貿易問題など、2時間近く、相当突っ込んだやりとりをしたという。トップ同士の会談がわずか2分程度だった、トランプ氏と、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談(11日)とは、明らかに次元が違うようだ。

 安倍首相「令和時代の最初の国賓として、トランプ氏ご夫妻をお迎えできることを大変うれしく思う」
 トランプ氏「非常に素晴らしいことで名誉だ。本当に楽しみにしている」

 両首脳による10回目の会談は、打ち解けた雰囲気のなか、両国や世界の懸案事項について、一つ一つ確認する場となった。

 「北朝鮮の非核化」については、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が25日に行った露朝首脳会談の結果を踏まえながら、「国際社会が一致して『北朝鮮の非核化』に取り組むことが重要」(安倍首相)との認識を確認した。今後の非核化プロセスについて、綿密に議論したという。北朝鮮への経済制裁は継続する。

 拉致問題については、安倍首相が、トランプ氏が2月の米朝首脳再会談で、正恩氏に問題を提起したことに謝意を伝えた。トランプ氏は「(解決に向けて)全面的に協力する」と明言した。

 日米貿易交渉については、安倍首相が「ともにウィンウィンとなる交渉を進めよう。必ずその結論を出すことができる」と伝え、トランプ氏と早期に合意を目指すことで一致したという。

 トランプ氏は、新天皇即位の重要性について、安倍首相から「(米国の国民的行事であるプロフットボールNFL王者決定戦スーパーボウルの)約百倍大事だ」と説明され、5月の訪日を決断したと語った。

 安倍首相は「日米同盟はかつてないほど強固だ。そのことを世界に力強く示す機会にしたい」と述べた。

 トランプ氏は、訪日時の相撲観戦について、「ずっと興味深いと感じてきた。優勝者にトロフィーを渡す」と興奮気味に語ったという。

 この日は、メラニア大統領夫人の誕生日で、安倍首相は昭恵夫人とともに誕生日会に出席し、翌27日にはワシントン近郊のゴルフ場でトランプ氏と一緒にプレーする。

ソース:<日米首脳、蜜月“2時間”会談 米韓“2分”との差が浮き彫りに… トランプ氏、5月訪日決断のウラ>
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190427/soc1904270010-n1.html

【国際】中国自動車市場で日本車に圧倒される韓国車 ★4

★コピペ対策★
 記者は今月17日、上海市閔行区にある起亜自動車の販売店を訪れた。従業員2人が座っているだけで客の姿は見えなかった。販売担当者が無言で記者一行を迎えた。こちらから中型セダン「K5ハイブリッド」の価格を尋ねると、従業員の1人が立ち上がり、「定価は22万9800元(約383万円)だが、18万9800元まで値引きを行うセールを実施中だ。全額現金ならさらに値引きが可能だ」と答えた。販売担当者のYさんは「セールを行っても以前のような人気は取り戻せていない。中国では韓国車が危うい状況にある」と話した。

 現代・起亜自が世界最大の自動車市場である中国で日本車と中国車の板挟みになっている。2017年に韓国への終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備による後遺症で中国国内での販売台数が急減したと聞いていたが、実際に現場で肌で感じた状況はさらに危機的なものだった。

■THAAD危機で苦戦した韓国車、中国市場で危機感

 現代・起亜自は2016年まで中国市場で好調を維持していた。同年は全世界の有力ブランドが全て進出している中国市場で販売台数は現代自が6位、起亜自が11位を占めていた。しかし、両社の順位は昨年、それぞれ9位、21位に後退した。現代自の今年1-3月の販売台数は前年同期比18.4%減だった。11-14年は中国市場で10%台のシェアを記録していたが、今年3月時点のシェアは3.9%まで低下した。販売台数の落ち込みを受け、現代自は北京第1工場の閉鎖を決定し、起亜自は塩城第1工場(江蘇省)での起亜自モデル生産を中断した。

 現代・起亜自の中国での不振はこれまで成長が続いてきた中国の自動車市場が昨年、前年比で2.8%の縮小に転じたことも一因だ。しかし、日本車の販売実績は異なった。日本車は14年に比べ、ホンダが68万台、日産が34万台、トヨタが34万台余りそれぞれ販売台数を伸ばした。

 中国車も急成長している。14年には10位圏外だった吉利汽車は昨年、160万台余りを販売し、3位に浮上した。現代・起亜自から離れた消費者を日本車や中国車が取り込んだ格好だ。

 これまで現代・起亜自の不振をTHAAD問題の影響と分析する見方が多かったが、ブランド力も定価したとの声も聞かれる。韓国車が日本と中国の板挟みになったことが最大の理由だ。

 起亜自の販売店から車で10分ほどの距離にあるトヨタの販売店は活気に満ちていた。従業員3人がドアの外まで走り寄ってきて、「どんな車をご紹介しましょうか」と客を出迎えた。販売担当者のHさんは「中国人の所得が増え、日本車は故障しないといううわさが広がった。米国市場で認められた日本車は人気が高い」と話した。この営業所でも中型セダンのカローラを値引きなしの23万800元で販売していた。

 店内には車を購入した客に贈るテレビ、ノートパソコンなどの景品数十台が積み上げられていた。

 中国車の販売店も混み合っていた。吉利汽車の販売店では起亜自の中型セダンK5を全額現金で購入した場合の価格とほぼ同水準となる17万9800元で中型セダンを販売していた。販売員のDさんは「月平均で600人が来店し、うち100人余りが車を購入していく。今月は韓国人2人にも販売した」と話した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/26/2019042680127.html

前スレ
【国際】中国自動車市場で日本車に圧倒される韓国車 ★3
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1556363418/

【国際】中国自動車市場で日本車に圧倒される韓国車 ★3

 記者は今月17日、上海市閔行区にある起亜自動車の販売店を訪れた。従業員2人が座っているだけで客の姿は見えなかった。販売担当者が無言で記者一行を迎えた。こちらから中型セダン「K5ハイブリッド」の価格を尋ねると、従業員の1人が立ち上がり、「定価は22万9800元(約383万円)だが、18万9800元まで値引きを行うセールを実施中だ。全額現金ならさらに値引きが可能だ」と答えた。販売担当者のYさんは「セールを行っても以前のような人気は取り戻せていない。中国では韓国車が危うい状況にある」と話した。

 現代・起亜自が世界最大の自動車市場である中国で日本車と中国車の板挟みになっている。2017年に韓国への終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備による後遺症で中国国内での販売台数が急減したと聞いていたが、実際に現場で肌で感じた状況はさらに危機的なものだった。

■THAAD危機で苦戦した韓国車、中国市場で危機感

 現代・起亜自は2016年まで中国市場で好調を維持していた。同年は全世界の有力ブランドが全て進出している中国市場で販売台数は現代自が6位、起亜自が11位を占めていた。しかし、両社の順位は昨年、それぞれ9位、21位に後退した。現代自の今年1-3月の販売台数は前年同期比18.4%減だった。11-14年は中国市場で10%台のシェアを記録していたが、今年3月時点のシェアは3.9%まで低下した。販売台数の落ち込みを受け、現代自は北京第1工場の閉鎖を決定し、起亜自は塩城第1工場(江蘇省)での起亜自モデル生産を中断した。

 現代・起亜自の中国での不振はこれまで成長が続いてきた中国の自動車市場が昨年、前年比で2.8%の縮小に転じたことも一因だ。しかし、日本車の販売実績は異なった。日本車は14年に比べ、ホンダが68万台、日産が34万台、トヨタが34万台余りそれぞれ販売台数を伸ばした。

 中国車も急成長している。14年には10位圏外だった吉利汽車は昨年、160万台余りを販売し、3位に浮上した。現代・起亜自から離れた消費者を日本車や中国車が取り込んだ格好だ。

 これまで現代・起亜自の不振をTHAAD問題の影響と分析する見方が多かったが、ブランド力も定価したとの声も聞かれる。韓国車が日本と中国の板挟みになったことが最大の理由だ。

 起亜自の販売店から車で10分ほどの距離にあるトヨタの販売店は活気に満ちていた。従業員3人がドアの外まで走り寄ってきて、「どんな車をご紹介しましょうか」と客を出迎えた。販売担当者のHさんは「中国人の所得が増え、日本車は故障しないといううわさが広がった。米国市場で認められた日本車は人気が高い」と話した。この営業所でも中型セダンのカローラを値引きなしの23万800元で販売していた。

 店内には車を購入した客に贈るテレビ、ノートパソコンなどの景品数十台が積み上げられていた。

 中国車の販売店も混み合っていた。吉利汽車の販売店では起亜自の中型セダンK5を全額現金で購入した場合の価格とほぼ同水準となる17万9800元で中型セダンを販売していた。販売員のDさんは「月平均で600人が来店し、うち100人余りが車を購入していく。今月は韓国人2人にも販売した」と話した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/26/2019042680127.html

前スレ
【国際】中国自動車市場で日本車に圧倒される韓国車 ★2
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1556348259/

【韓国】 釜山の徴用工像、決定先送り [04/27]

【ソウル時事】

韓国・釜山の日本総領事館近くの公園脇の歩道に徴用工を象徴する像が置かれている問題で、当初28日に予定されていた最終的な設置場所の決定が先送りされた。市議会が27日、発表した。

「5月1日まで協議を続ける」と説明しているが、1日までに決まるかどうかも不透明だ。

2019年04月27日18時22分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042700521&g=int

【韓国】坡州・臨津閣に『双子の少女像』・・・除幕式に日本人も参加[04/27]

(写真)
https://imgnews.pstatic.net/image/003/2019/04/27/NISI20190427_0000316784_web_20190427124531_20190427125903428.jpg

4・27板門店宣言の1周年を迎え、京畿道(キョンギド)坡州市(パジュシ)の臨津閣(イムジンガク)に双子の少女像が建てられた。

統一に向かう平和の少女像建立坡州市民推進委員会と坡州市は27日、臨津閣でチェ・ジョンファン坡州市長と地域の国会議員、市会議員、市民など200人余りが参加した中、『平和の少女像』の除幕式を行った。

去る2011年に日本大使館前に最初の少女像が建てられた後、全国各地に少女像が建てられたが、接境(国境)地域に建てられた少女像は今回が初めてである。

日本軍性奴隷問題解決と平和統一の念願を込め、キム・ウンソンとキム・ソギョン作家が製作した双子の少女像は、1体は坡州・臨津閣に、もう1体は追って北側に伝達して、北朝鮮に設置するために製作された。

建設費は展示会と募金などで当てられ、募金は国民1,773人が参加して、7000数万ウォン集まった。

チェ・ジョンファン坡州市長は、「板門店会談1周年を迎えた意味深い日に、必ず記憶しなければならない歴史である慰安婦問題の解決を求める平和の少女像が、臨津閣の自由の橋の近くに建てられた」とし、「少女像の1体が遠からず翼を広げ、北の地にに飛んで行く事を願う」と述べた。

一方、この日の行事には、日本国内で慰安婦問題を知らせるために活動中の関西ネットワークの関係者や人権弁護士の家族など、日本人も参加して意味を深めた。

ソース:NAVER/坡州=NEWSIS(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0009199308

(関連)
【慰安婦問題】 南北韓境界の「北に行く道」に平和の少女像立てる~日本軍性奴隷少女の故郷に帰りたい気持ち込めて[04/23]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1555948362/

【朝鮮日報/コラム】「議会主義者」文喜相らしくない行動[4/26]

韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長は、自他ともに認める「議会主義者」だ。金大中(キム・デジュン)元大統領のブレーンだった文議長は「全ての国事は国会で決定されるべき」という金泳三(キム・ヨンサム)元大統領の言葉をひんぱんに引用してきた。与野党の国会内対話と妥協を通した政治を強調し、自ら実践してきた。

 文議長は、昨年7月に第20代国会の後半期議長に選出された際も、与野党議員の前で「対話と妥協、協治を通した国政運営は、第20代国会の持って生まれた宿命」と語った。韓国国民が選挙で多党制を選んだのだから、「家主たる国民が作った設計図に基づいて店子の国会が動くのは当然のこと」というのだ。与党には「政権2年目にもかかわらず野党のせいにしてはいけない」と言い、野党には「要求すべきは要求し、譲るべきは譲れ」と言った。与野党対立で国会が空転するたび、文議長は各党の代表や院内代表らと食事の席を設け「戦うにしても国会で戦おう」と語り掛けた。

 しかし、このところ文議長が見せている姿は、普段公言してきた「議会主義者」にふさわしいのかと首をかしげてしまう。与党が、「ゲームのルール」である選挙制度を野党第1党の同意なくファーストトラック(迅速処理案件)で処理したいと言い出したが、文議長はこれを支持するかのような態度を見せている。野党「正しい未来党」指導部がファーストトラックに反対する議員を委員会から強制的に辞めさせようとした件も、病院で決済した。国会法違反だという指摘はかなりあったが、文議長は「慣例」を掲げて許可した。国会法は、臨時国会での委員辞任・補任を禁止しており、議員自らがやむを得ない事由で申請した場合のみ認めている。「正しい未来党」指導部は辞任・補任申請書をファクスで送るという小細工を使ったが、すんなり受け入れられた。

同じ民主党出身の丁世均(チョン・セギュン)前国会議長とは対照的、という指摘もある。2017年2月、当時の丁議長は、自由韓国党を除く野党から「崔順実(チェ・スンシル)国政介入事件を捜査する特別検察官の時限を延長する法案を本会議へ職権上程してほしい」という要求を受けた。しかし丁議長は「一方的処理は反憲法的な振る舞い」であって、「交渉団体間の合意がなければ職権上程できない」と断固拒否した。同年5月には、自由韓国党が指導部に従わない金鉉我(キム・ヒョンア)議員を所属の常任委から強制的に辞めさせようとした。今回の辞任・補任と同じ状況だった。だが丁議長は「国会議員の良心を守ってやることが民主主義」として拒否した。

 文議長は、ファーストトラック推進に抗議する林利子(イム・イジャ)議員の顔をさすって「セクハラ」論争にまで巻き込まれている。セクハラの意思がなかったとしても、病院へ行く前にまず謝罪からやるというのが、普段の彼らしい行動ではなかったか。文議長は昨年9月、自由韓国党の金聖泰(キム・ソンテ)院内代表(当時)が「青瓦台(韓国大統領府)のスピーカーを自任している」と非難した際、「国会議長を侮辱したら国会が侮辱されるという事実を心に刻め」と言った。こういう誤解がもっと大きくなってしまう前に、文議長自身が成熟した「議会主義者」の姿を示してくれることを期待する。

政治部=キム・ギョンピル記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/26/2019042680099.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/04/26 19:40

※お断りERRORで立てれない記事↓
【社説】ファクスで法案提出、議長が病床で決済…大荒れの韓国国会
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/26/2019042680059.html

【米国】別れた妻の家に火をつけようとした韓人(コリアン)、日本刀を振り回して警察と対峙[04/24]

・接近禁止命令を破って侵入
・サムライソードを振り回して抵抗
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

別居中の妻の家に侵入して火をつけようとした70代の韓人(コリアン)が警察に逮捕された。

アメリカ東部のロードアイランド州ポーツマス警察局は22日、別居中の妻の家に侵入してガソリンをまいて火をつけようとした疑いで、チョン・ユン(Chong Yoon=77歳)を検挙したと明らかにした。

事件は21日の午後8時18分、ポーツマスのアルマンド・ドライブ沿いに位置する家で発生した。ユン容疑者は家庭内暴力で妻に接近禁止命令を受けていた状態で、妻と住んでいた家の窓ガラスを割って侵入し、ガソリンをまいて火をつけようとした疑いを受けている。

当時、友人と一緒に家に帰ってきた妻が警察に申告した。ユン容疑者は警察と対峙する過程で、サムライソード(日本刀)を持って逃走を試みて逮捕された。彼は抵抗した際に負傷して、近隣のニューポート病院に搬送された。

この地域を管轄するミドルタウン消防局のポール・フォード署長は22日、「ガソリンに火がつかないよう、家に入る際に電源を切った」とし、「家に新鮮な空気を取り入れるため、換気をした」と述べた。

ユン容疑者は5級の家庭内暴力と逮捕時の抵抗、保護命令違反など疑いを受けている。22日の最初の裁判で保釈金なしで拘禁命令が下され、近隣のクランストン(Cranston)に位置する成人矯正施設に移された。次の裁判は5月7日である。

ソース:米州中央日報(韓国語)
http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=7175804