【週刊実話】韓国の“甘え”を増長させている『日本議員団訪韓』が今年も行われる…[4/17]

自民党の二階俊博幹事長が、離任を前にした李洙勲(イ・スフン)駐日韓国大使と会った席で、200人以上の議員団の訪韓を約束した。

 二階幹事長は韓国の反日機運モリモリの昨年7月31日から8月2日まで、地方議員を含む自民党議員およそ300人を率いて韓国を訪問し、研修会を開いているバリバリの媚中・媚韓派だ。実は歴史を振り返ると、こうした日本の“甘い顔”が韓国の「身勝手」を育て、反日を増長させてきた。

 「韓国の歴代大統領で、心底から親日政策をとった人はいません。朴正熙(パク・チョンヒ)大統領やその後継者となった全斗煥(チョン・ドゥファン)、盧泰愚(ノ・テウ)大統領ら軍事政権時代は『親日』だったとの評価ですが、その時代ですら『反日教育』は一貫して続けられています。ですから軍事政権時代は『親日』というより『利用日』というべきです」(韓国ウオッチャー)

 全政権は日本の歴史教科書にクレームを付け、1982年には記述の修正を要求している。そして、歴史認識問題を外交カードに使いながら日本に資金援助まで要求し、日本はこれを飲んだ。日本が受け入れたのは全政権が主張した「韓国赤化防波堤論」だ。

 「全政権は『韓国は共産主義の脅威から日本を守る防波堤になっているのだから、その代価を払え』と要求し、1983年、中曽根康弘元総理の訪韓の際、7年間で40億ドルをメドとする円借款供与が決まったのです。以後、韓国は『歴史認識問題』を対日交渉で優位に立つための恫喝材料として利用するようになったのです」(政治アナリスト)

 元凶は中曽根大勲位だ。
「靖国公式参拝を中国からケシカランと言われ、翌年すごすごと取りやめました。中国は『やっぱり悪いことだと認識しているんだな』と、それまで公式に非難しなかったものが、以後、中韓から公式行事のように、靖国批判が展開されるようになったのです。韓国をますます付け上がらせたのが、1986年の『藤尾正行文部大臣罷免事件』でした。藤尾氏は、歴史教科書問題に関連して『(1910年の)韓国併合は韓国との合意の上に形成された』と発言し、これに対して韓国側が強く反発します。中曽根氏は藤尾氏に自発的な辞任を求めますが、『その場しのぎの迎合外交』と中曽根氏を批判し、辞任を拒否した結果罷免されます。こうした日本の姿勢に意を強くした韓国は、歴史認識問題や教科書記述問題を持ち出しては、経済支援や技術支援を得る手法を確立させ、それが歴代の政権に引き継がれていったのです。その結果が現在の慰安婦合意破棄、徴用工判決です」(同)

 二階幹事長には「2回あることは3回、4回ある」と伝えたい。

https://wjn.jp/sp/article/detail/8108900/
週刊実話 2019年04月17日 22時10分

【武藤正敏】 米朝膠着、その狭間で一人はしゃぎ回る文大統領~本心は米国の目をかいくぐり北朝鮮に経済協力したいだけ[04/17]

 4月11日、ワシントンでは米韓首脳会談、北朝鮮では最高人民会議が相次いで開催された。

 トランプ大統領、金正恩朝鮮労働党委員長はそれぞれ、第3回米朝首脳会談の可能性に言及はしたものの、どちらも「相手の出方次第」との姿勢を崩さなかった。その隙間で、韓国の文在寅大統領は、米朝双方から「仲介者失格」の烙印を押されながらも、仲介役として一層の役割を果たそうと必死に動き回っている。3カ国が各様の動きを示す中で、今後北朝鮮の核問題はどのように進展していくのか、展望してみたい。
(中略)

米朝双方から断られても韓国の「仲介外交」は変わらない

 米韓首脳会談後の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長の報道発表文によれば、「両首脳は朝鮮半島の完全な非核化及び恒久的平和定着という共同の目標を達成する案について意見が一致した」という。さらに文大統領が「近いうちに南北首脳会談を推進する計画」を明らかにしたところ、トランプ大統領は「南北首脳会談または南北接触を通じて韓国が把握した北朝鮮の立場をできるだけ早く知らせてほしい」と答えたという。このやり取りを持って文大統領は、トランプ大統領が韓国の仲介に期待している、米韓首脳会談が成功だったと述べたようである。

 しかし、トランプ大統領は韓国の前のめり政策を戒めるために米韓首脳会談を行ったのである。北朝鮮との交渉を再開させるために韓国に経済協力を果たす役割を期待したわけではない。米国は北朝鮮に非核化を促すため、北朝鮮の完全非核化と制裁解除を全体として取引するビッグディールを狙っている。韓国には、米国の同盟国として北朝鮮に非核化を迫り、それに北朝鮮がどう対応するか、知らせてほしいと言ったはずである。文大統領は、トランプ氏の発言を自分の都合のいいように解釈し、行動しようとしている。それで仲介者と言えるのか。

 一方、北朝鮮は韓国に対して、「仲介者の振る舞いをするのではなく、民族の利益を擁護する当事者になるべきだ」と述べている。これは、歴代の韓国大統領が南北首脳会談において、北朝鮮に対して約束した事項に関し、米国の意向を受けて棚上げするのではなく、早く実行せよと要求しているのであり、北朝鮮の韓国に対する不満を象徴する言葉である。

韓国の本心はどこに

 今の韓国は米国、北朝鮮との間でうまく立ち回ろうとして、かえって双方からの不信を招いている。しかし、その実態は米国の目をかいくぐり何とか北朝鮮に対する経済協力に進みたい、というものであろう。それは、訪米直前の金錬鉄(キム・ヨンチョル)氏の統一部長官任命に表れている。

2019年4月8日、韓国ソウル庁舎で開かれた就任式に臨む、金錬鉄統一部長官(写真:AP/アフロ)
 金氏は生粋の北朝鮮親派であり、米国が何を言おうと、開城と金剛山事業を進める意向と言われており、その危険性ゆえ、韓国国会の承認を得られなかったのを強行して、文在寅大統領が任命したものである。

 今後、文在寅氏は南北首脳会談に向けて、金正恩氏を説得していくことになる。そのための第一弾は特使派遣であろう。しかし、金正恩氏が拒否していることから、これを実現するためには韓国からのお土産が必要なのではないか。こうした状況を打破せんとして文氏がますます北朝鮮に寄り添っていくことが懸念される。

武藤正敏・元在韓国特命全権大使

ソース:JB PRESS<米朝膠着、その狭間で一人はしゃぎ回る文在寅大統領>
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56139

【マカオ】カジノで負けた韓国人の男が市中で破壊行為繰り返す…質店で強盗も[4/17]

マカオ治安警察局と司法警察局は4月16日午後に合同記者会見を開き、カジノで負けた腹いせに市中で車両に対する破壊行為を繰り返したほか、質店のショーケースを破壊してゴールド製ネックレスを奪ったとして韓国人の男(30)を逮捕したと発表。

警察発表によれば、4月15日、市民から停車中の自動車とバイクのバックミラー等が破壊されているとの通報を受け、警察官を現場に急行させたところ、硬いものを使って車体の一部が破壊されたとみられる自動車8台、オートバイ10台を確認したとのこと。

その後の捜査で被疑者の身元を特定し、同日中にマカオ半島新口岸地区のグランドリスボアホテル前の路上で逮捕に成功した。この際、被疑者の所持品の中からゴールド製ネックレス20点及び質入れ伝票を発見。先に新口岸エリアでショーケースを破壊して商品が奪われる事件が発生しており、男に尋ねたところ、自身の犯行であることを認めたという。

警察の調べに対し、被疑者は車両の破壊行為はカジノで大きく負けてしまった腹いせで、質店での破壊及び窃盗行為については、店の前を通りがかった際に思いつき、出来心でやったなどと供述。また、被疑者は奪った再びカジノへ行くため、ゴールド製ネックレスの一部を質入れし、現金およそ5万香港ドル(日本円換算:約70万円)を手にしていた。

https://www.macaushimbun.com/news?id=27234
マカオ新聞 2019/04/17 10:01

https://i.imgur.com/s4yTt90.jpg
マカオ治安警察局が市中で破壊行為を繰り返した容疑で韓国人の男を逮捕=2019年4月15日(写真:マカオ治安警察局)

【入れ替わり立ち替わりの100団体】労働者像の設置認めよ 約100の市民団体が要求=韓国[4/16]

【ソウル聯合ニュース】韓国の労働組合の全国組織、全国民主労働組合総連盟(民主労総)は16日、ソウルの青瓦台(大統領府)付近で記者会見し、釜山市が日本総領事館近くの歩道に置かれていた強制徴用労働者を象徴する「労働者像」を強制撤去したことに抗議し、像の設置を認めるよう求めた。

会見の主催者には民主労総のほか、約100の市民団体が名を連ねた。

釜山市は12日、労働者像を撤去し、同市内の「国立日帝強制動員歴史館」に移した。

 釜山市の市民団体は昨年5月1日、日本総領事館前の設置を目指したが、警察に阻止されるなどして実現しなかった。設置場所が見つからず、近くの歩道に臨時設置していた。

 会見では「労働者像の撤去は釜山市の歴史意識のなさだけでなく、政府の立場のためかもしれない」として、「外交部は労働者像の建立に否定的な態度を一貫して示し、政府も日本政府の顔色をうかがう態度を見せている」と指摘。「釜山市と政府は歴史をしっかり記憶し、真相を究明して親日の歴史を清算しようとする市民の思いを無視し、日本の顔色をうかがっている」として、労働者像の設置に責任ある姿勢を示すよう求めた。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190416004400882?section=japan-relationship/index
聯合ニュース 2019.04.16 16:48

https://i.imgur.com/8WHoAq4.jpg
会見を行う団体のメンバーら=16日、ソウル(聯合ニュース)

【社会】酔った男性に抱きつきスリか、飲食店店長と中国籍の女2人逮捕 東京[4/17]

東京・上野の路上で酔った男性に声をかけて抱きつき、隙をみて財布を盗んだとして、女2人が警視庁に逮捕されました。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは飲食店店長の中上久子容疑者(50)と店員で中国籍の林彦紅容疑者(41)です。2人は去年6月、台東区上野の路上で酒を飲んだ帰りに友人と歩いていた男性に「飲みましょう」などと声をかけ、隙をみて現金およそ19万円などが入った財布を盗んだ疑いが持たれています。

 2人は防犯カメラの捜査で浮上し、中上容疑者が男性に抱きついた隙に、林容疑者が財布を盗んだとみられていますが、いずれも容疑を否認しています。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3650398.html
TBSNEWS 17日 11時12分

【無慈悲】 中国、韓国議員に「PM2.5の話をするなら来るな」~ムン・ヒサン国会議長の打診にも回答なし[04/17]

 韓国の国会議員たちが訪中し、中国当局とPM2.5をはじめとする粒子状物質対策を協議しようとしたものの、拒否されていたことが16日、分かった。国会環境労働委員会によると、金学容(キム・ハクヨン)委員長=自由韓国党=ら同委員会所属の与野党議員8人は先月末、韓国の外交チャンネルを通じて中国の生態環境省と全国人民代表大会(全人代=国会に相当)常務委員会を訪問したいと提案したという。8人は中国から飛来する粒子状物質の低減策を話し合う一方で、中国側に誠意ある姿勢を要求する考えだった。ところが、中国側は今月3日ごろ、中国にある韓国大使館に「中国側が公式に招待したものではないので拒否する」との意向を口頭で伝えてきたとのことだ。

 文喜相(ムン・ヒサン)国会議長も来月初めに予定されていた訪中で全人代の環境分野関係者らとの面談を推進していたが、まだ回答がないことが分かった。先日、与野党5党の院内代表団が訪中した時も環境分野関係の専門家に会おうしたが、日程が組めなかった。金学容委員長は「国会議員の訪中目的自体、中国から来る粒子状物質の責任を問うためのものなので、中国側が負担を感じているのだろう。中国当局が強い抵抗感を示したと聞いている」と語った。

 韓国政府はこのほど、超党派で粒子状物質対策を立てるとして潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長を国家気候環境会議委員長に任命した。潘基文委員長は同日、韓国の経済団体・全国経済人連合会(全経連)のカンファレンス・センターで行われた粒子状物質セミナーで、「今月初め、中国を訪問し、習近平国家主席に会って粒子状物質の深刻な懸念を伝え、緊密に協力していくことを約束した」と語った。

 しかし、潘基文委員長の訪中直後、中国当局が国会訪中団の提案を拒否したことから、韓国政府による中国との粒子状物質外交は容易ではないと懸念の声が上がっている。国会関係者は「今回の中国当局の態度を見ると、基本的に粒子状物質について中国側が責任を認めるのは難しいという姿勢がうかがえる」と語った。

キム・ヒョンウォン記者

ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<中国「PM2.5の話をするなら韓国の議員は来るな」>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/17/2019041780001.html

関連スレ:【無慈悲】米国務省、韓国外交部に「金剛山のことを言うなら来るな」
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1553566587/

【朝鮮日報】文在寅外交の「首脳会談万能主義」、国際政治の現実と乖離[4/17]

外交専門家らは、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の外交・安全保障政策が抱える最大の問題点の一つに、「信仰に近い首脳会談万能主義」を挙げる。「ボトムアップ」「トップダウン」を適切に配合するという外交の定石を無視し、トップダウンにばかりこだわっているのだ。

 外交関連の元高官らの意見を総合すると、南北経済協力、北朝鮮非核化、制裁緩和を巡る南北米の立場が異なっている状況では、多少遅くなっても実務ラインで合意の輪郭を作ってから、首脳間の談判で残りの意見を擦り合わせるという形で「ボトムアップ」と「トップダウン」を組み合わせるのが最善だ。

 ところが文在寅政権は、大統領選前から「トップダウン」式を妄信し、今もその考えにとらわれている、という指摘がある。ある与党関係者は「与党側が首脳会談を信奉するようになったきっかけは6・15と10・4(6・15は2000年6月15日。金大中〈キム・デジュン〉大統領と金正日〈キム・ジョンイル〉総書記が首脳会談で合意した南北共同宣言。10・4は2007年10月4日。盧武鉉〈ノ・ムヒョン〉大統領と金正日総書記が首脳会談で合意した南北共同宣言)。南北関係がどれほど困難でも、ひとたび首脳が会えば全て解決し、周辺諸国もついてくるほかない、と強く信じている」と語った。政府・与党が絶えず「南北→米朝対話の好循環」を主張する背景でもある。「ワシントン・ノーディール(成果なし)」という非難や、金正恩(キム・ジョンウン)委員長の「出しゃばり」発言があっても、文大統領は15日「南北首脳会談を本格準備・推進する時期」と語った。

トップダウンの中でも南北首脳会談を強く押し出すのは、韓国大統領府(青瓦台)・与党の中心人物らが、学生運動時代から心に抱いてきた「ロマン的対北温情主義」とも深い関係がある、と分析されている。左派学生運動圏から右派へと移ったある人物は「386(1990年代に30代で80年代に大学に通った60年代生まれの世代)は、(韓米)同盟よりも民族の方が優先という考えを確固として持っている。南北関係に執着するので無理筋が続き、4大国外交はおろそかになるのは避けられない」と語った。

 問題は、こうした韓国政府・与党の認識が、国際政治の現実とは懸け離れているということだ。元統一相政策補佐官のキム・スン氏は「現政権のインナーサークルの認識は、北朝鮮の核がまだ初歩的な段階だった盧武鉉政権末期のものにとどまっている。その後10年間で5回の核実験を行い、北朝鮮の核が高度化し、複雑な国際問題になったという事実を見過ごしている」と語った。元国家情報院第1次長の南柱洪(ナム・ジュホン)氏も「ハノイ・ノーディール、ワシントン・ノーディールを通して、トップダウン外交の限界が明らかになった。米朝首脳会談が再度開かれても、成果を期待するのは難しいとみられる」と語った。

李竜洙(イ・ヨンス)記者 , ノ・ソクチョ記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/17/2019041780057.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/04/17 10:43

【日本】「ノートルダム大聖堂復旧支援を積極的に検討」=韓国の反応(※カイカイ)[4/16]

※カイカイ
https://i.imgur.com/r3y7NZi.jpg

韓国のポータルサイトネイバーから、「日本”ノートルダム大聖堂復旧支援を積極的に検討”」という記事を翻訳してご紹介。

https://i.imgur.com/rph68pj.jpg

15日、フランス・パリのノートルダム大聖堂が、改善・補修工事中に失火が原因とみられる火災で燃えている

日本政府は、パリのノートルダム大聖堂の火災と関連し、フランス政府が復旧支援などを要請してきた場合、積極的に検討すると明らかにした。

日本政府の報道官である菅義偉官房長官は、16日の定例会見で、「ユネスコ世界遺産であるノートルダム大聖堂の焼失は、全世界の損失であり、非常に残念だ」と話した。

続いて、「エマニュエル・マクロン大統領とフランス国民の皆さんに、謹んでお見舞いを申し上げる」とし、「フランス政府が何らかの支援を要請してきたら、積極的に検討する」と述べた。

フランスのパリの象徴であるノートルダム大聖堂では、15日午後6時50分頃(現地時間)、火災が発生し、屋根と尖塔が崩れるなど大きな被害を出した。

この記事を見たネイバー読者の反応
=====
1. 韓国人
チョッパリどもは、なぜこうもうざったいのか
共感:63|非共感:13

2. 韓国人
>>1
なぜって、それはお前が劣等感を感じた韓国人だからでしょ
韓国の大統領は、ノートルダムの火災に関心はなく、北韓とセウォル号のことだけしか頭にない
共感:6|非共感:13

3. 韓国人
>>1
やっぱり人畜どもはおもしろいねwwwww
共感:0|非共感:3

4. 韓国人
>>3
倭寇ども登場
共感:2|非共感:0

5. 韓国人
>>3
親日派の子孫は財産を国庫に戻せ

6. 韓国人
>>1
うざったいことはうざったいが、海外に出てみると日本>>>>>>>>>>韓国>>>>>>>>>>>中国である
中国人は未開と認識されており、日本人に対しては大抵のところが認めている
韓国人はちょうどその中間である
韓国人を好きな人も多いが、逆に嫌っている人も多い
なぜこうかと言えば、日本人は、海外に出れば自国の恥になるようなことはしない
正直、過去に戦犯国であったが、それだけ早く先進国入りしているので、マインドも先進国なのだ
私は日本信者ではないが、たまに海外で情けないことをする韓国人を見ると、日本をちょっと見習った方がいいと思う
共感:2|非共感:1

13. 韓国人
偽善的なやつら
共感:5|非共感:1

14. 韓国人
お前らは原発から放射能を取り除けと

15. 韓国人
修復するふりをしながら遺物を盗み出すかもしれないから気をつけろ
共感:15|非共感:1

16. 韓国人
>>15
wwwwwwwwww
共感:2|非共感:0

17. 韓国人
チョッパリ国の放射能が他国に流れて被害を与えていることについて積極的に検討しろ

18. 韓国人
嫌日するやつも嫌韓するやつも、どちらも同じである
その国に行って、その国の人から良い待遇を受けようとか考えるなよ

続きはソース先で。
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/55170450.html
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/lite/archives/55170450/comments/6031590/
カイカイ反応通信 2019/04/16 14:50

関連記事
菅官房長官「支援を積極検討」 ノートルダム大聖堂火災[4/16]
https://www.sankei.com/world/news/190416/wor1904160012-n1.html

【夕刊フジ】「ハァ!?」トランプ氏、文氏に激怒!米韓2分会談の内幕を米政府関係者暴露…韓国「会談成果ゼロ」で国際的に孤立[4/17]

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が窮地に立たされている。正恩氏は、2月の米朝首脳会談の決裂を受け、クーデターに怯えて虚勢を張っている。文氏は経済失政に加え、「米朝の仲介者」としての信頼を失い、国際的に孤立した。北朝鮮は15日、民族最大の祝日「金日成(キム・イルソン)主席の誕生日(太陽節)」を迎えた。ジャーナリストの加賀孝英氏が、南北朝鮮のリーダーの断末魔に迫った。

「太陽節の平壌(ピョンヤン)は祝賀ムード一色だったが、水面下ではクーデターの動きがあり、正恩氏は真っ青になっている。韓国から、北朝鮮関係の極秘情報がもれている。ドナルド・トランプ大統領は、文氏に激怒し、『何だ、アイツは!』と吐き捨てている」

 旧知の米情報当局関係者は、こう語った。北朝鮮情報を解説する前に、文氏について説明しておく。

 ご承知の通り、先週11日、ホワイトハウスで米韓首脳会談が行われた。文政権は「米朝の非核化問題を集中的に話し合った」「文大統領の(米朝)仲裁者としての役割がさらに大きくなった」などとメディアにリークし、自画自賛した。

 ふざけるな。大ウソもいいところだ。首脳会談の「成果はゼロ」だ。それどころか、文氏は非礼も行っていた。以下、米政府関係者の話だ。

 ▽トランプ夫妻と文夫妻4人が、記者団を前に並んだ。その時、文氏は横からトランプ氏に右手を差し出した。トランプ氏が気づかないでいると、文氏は、右手の甲でトランプ氏の腹を小突くように握手を強要した。トランプ氏は文氏をにらみ、文氏の手をたたくように握った。

▽トランプ氏と文氏との「一対一の会談」は、実質2分間だけだった。トランプ氏が文氏を嫌いだからだ。通訳も入っており、2人が交わした会話は、わずか1分以下。それも、こんなお粗末な内容だった。

 トランプ氏「何か言いたいことがあれば、どうぞ」

 文氏「近いうちに南北首脳会談を推進するつもりだ」(ニコニコ顔で)

 トランプ氏「いつ?」

 文氏「分からない。何も決まっていない」

 トランプ氏「ハァ?」

 デタラメそのもの。トランプ氏はあきれ、怒った顔で「じゃあ、その時は、北朝鮮が何を言ったか、伝えてくれ」と、吐き捨てた-。

 どこが集中的に話し合ったというのか。トランプ氏に見捨てられただけではないか。大笑いだ。

 外務省関係者は「こんなひどい首脳会談は見たことがない。歴史に残る屈辱外交だ」「野党・自由韓国党の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表は『この政府は恥知らず』と酷評し、正恩氏までが12日の最高人民会議施政演説で『おせっかいな仲裁者の振る舞いをするな』と罵倒した。全世界に恥をさらした」と語った。

 北朝鮮問題に話を移す。

 正恩氏はクーデターの動きに、異常に怯え、心底震えている。

 最大の焦点は、北朝鮮の独裁体制打倒を掲げる反体制組織「自由朝鮮」(=3月1日に『千里馬民防衛』から改称)の動きだ。「自由朝鮮」は、正恩氏の命令で暗殺された異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の長男、ハンソル氏を救出した。CIA(米中央情報局)とは関係が深い。彼らは4月7日、ネット上で「大きなことを準備している」と宣言した。

続く。

 ■加賀孝英(かが・こうえい)

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190417/soc1904170007-n1.html
夕刊フジ 2019.4.17

【朝鮮日報】 瀬取り疑惑の韓国船、「目的地」シンガポールに入港記録なし [04/17]

北朝鮮船舶に対する石油精製品の違法な洋上積み替え、いわゆる「瀬取り」に携わった疑いが持たれている韓国籍のタンカー「ルニス(LUNIS)」号は、昨年から出港時に目的地を「シンガポール」としばしば申告していた。ところが、実際にはシンガポール入港の記録がないことが16日までに公式確認された。

ルニス号は先月、韓国籍の船としては初めて、米財務省の対北朝鮮海上取引注意リストに名前が載った。2017年以降、韓国から27回にわたり、石油精製品を合計16万5400トン積んで出港した記録がある。

シンガポール港湾当局の報道官は15日、「ルニス号は2018年4月9日から19年1月12日までの間、シンガポール港に入っていない」と発表した。米国のラジオ放送「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」が16日に明らかにした。

この期間中、ルニス号は計12回にわたって韓国を出港しており、目的地を「シンガポール」と申告していた。だが入港の事実がないことが明らかになり、公海上で北朝鮮側に石油精製品を違法に積み替えていたのではないか、という疑惑が一段と強まった。

韓国政府の関係者は「D社はピー・パイオニア(P PIONEER)号とルニス号をそれぞれシンガポールの業者にチャーター、再チャーターしている状態で、瀬取りに関与したという証拠は出てこなかった」と語った。

一方、瀬取り疑惑で昨年4月からインドネシアに抑留されていた北朝鮮の石炭バルク船「ワイズ・オネスト(WISE HONEST)」号で最近、北朝鮮産の石炭2万6500トン(およそ300万ドル相当=約3億3600万円)が荷役された。VOAが16日に伝えたところによると、パナマ船籍のD号がこの石炭を積んでマレーシアに向かっているという。

2019/04/17 10:42
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/17/2019041780055.html